福岡・全国☆夫の浮気解決♪与える愛を学んで夫婦愛蘇らせる浮気解決アロマ♪

menu

アロマスクール ミルフルール

安眠効果のあるお香の種類と香りや悩み別での選び方

今回は安眠効果のあるお香の種類と香りや悩み別で選んでみる方法を書いてみますね。

日本人にとって「お香の香り」は安心する香りとして馴染み易いのではないでしょうか?

お香の香りをうまく活用して、精神的なリラックスと安眠ができるようにご一緒に勉強していきましょう。

お香がもたらす様々な効果について詳しくご紹介いたします。

yjimageYWYTP2OP

こんにちは!福岡・大阪アロマスクールミルフルール勝田です。

今日はアロマオイルとは違う香りのツールとして知られている「お香」について書いていますね。

日本で古くから親しまれてきた「お香」は、近年癒し効果があるとしてブームとなっていますね。

スポンサードリンク



和の香りの「お香」が私は大好きです。

香りが心身のリラックス効果もありその及ぼす作用と代表的な香りの効能を紹介しますね。

お香の香りには安眠効果がある??

香りには、安眠効果や癒し効果があることはご存知のことと思います。

お香の香りを嗅ぐことで、嗅覚から大脳へダイレクトに香りの伝達がされ、α波や、エンドルフィンが分泌されるのだそうです。

人間にとって一番大切な睡眠ですが、ストレスなどによってしっかりと睡眠をとることが出来ないって辛いことです。

精神的なストレスによって眠りが浅く、朝起きてもしっかり疲労回復できずに体がだるいっていう悩みをお持ちの方が増加しているようですね。

人間にとって睡眠とは、脳や体の疲労を回復させて、全身のメンテナンスする作業である大切な時間なのです。

では、睡眠の質を上げてくれる「香り」の中で、安眠におすすめのお香や香りについて紹介いたします。

(1)お香の香りがもたらす効果とは

アロマオイルの香りをお部屋に焚いたとき、それまでイライラしていたのに、気分の変化が起こり優しい気持ちになれたり・・・

お香にも同じ作用があるのかな?と一時お試ししたことがありました。

香りのメカニズム・・・

①香り→鼻から嗅覚(きゅうかく)神経を通る→大脳辺縁系に伝えられ→海馬(かいば)と偏桃体(感情と記憶に深い関わりをもつ)に作用する

※懐かしい香りを嗅ぐと、過去の記憶が蘇ったりするのはこのメカニズムです。

②さらに香り→大脳辺縁系→視床下部・脳下垂体へと伝えられ、ここは自律神経やホルモンの分泌調整、免疫などに作用する

※視床下部や脳下垂体が刺激されることで、自律神経を整えたり、ホルモン分泌を促したり、免疫力を高める働きをしてくれる。

心が落ち着いたり、ストレスが解消できたり、元気になったり、やる気アップしたりするのはこのメカニズムです。

お香には、感情や記憶を司る大脳辺縁系に直接働きかける効果があるということです。

アロマやお香の効果によって、人の行動すら変化させてしまうことができる魔法のツールとされ様々な研究がされております。

★アロマやお香にはこのような効果があります

・脳の働きを活性化させる

・精神を癒し、幸福感を与えてくれる効果

・リフレッシュ・やる気アップさせてくれる効果

・安眠・リラックス効果がある

アロマやお香の香りの効果として、最も代表的なものが「心身の癒し」「精神的な安心感」です。

アロマやお香の香りによって、脳内ホルモン分泌(エンドルフィンやα波が活発になり脳内のα波)が活性化します。

結果として、ヒーリング効果や、興奮ホルモンであるアドレナリンの分泌を抑えることで鎮静効果をもたらすとされています。

★お部屋の浄化・空気浄化

浄化というのは、お部屋の「お掃除」と同じです。

その日、外界からネガティブなエネルギー(氣)を持ち帰ったものをお掃除しないとどんどん家に溜まってしまうのです。

例えば、ここで言うお掃除とは掃除機をかけた掃除だけではありません。

ネガティブは低波動(マイナスエネルギー)なので、高波動(プラスエネルギー)の持つ物で浄化しないと解消できません。

そこで、その道具としてアロマの香りやお香の香りは非常に有効で、良い香りというものはネガティブな氣を寄せ付けない性質があるのです。

また火の力には、悪い物を焼き、そのお部屋をパワーアップするという効果があります。

香りによる浄化をする場合の鉄則は、きちんとお掃除してきれいにしたお部屋に、さらにアロマやお香の香りを焚くことがポイントです。

そうすることで、お家をプロテクトしてくれる作用もあるので、ネガティブな氣をシャットアウトする効果がありますよ。

ぜひ、アロアやお香の香りをお家に焚かれてみて下さい。

★お香の煙の行方を確認すること

お香から出る煙はネガティブなエネルギーに集まると言われています。

そして煙は、ネガティブなエネルギーに集まり、せっせと浄化活動をしてくれて、浄化されると煙は消えるのですね。

ネガティブエネルギーが溜まっている部分に煙が集まることで、どこに溜まりやすいか?確認できるでしょう。

窓を開けながら浄化してもいいし、部屋の煙が消えるまで待ってから窓を開けて一気に追い払うのでもいいです。

私のおすすめは、お部屋の掃除→お香をたく→煙が終わったら再度窓を5分ほど開けて換気する

逆にアロマを焚くときは、換気しながらお部屋をきれいに掃除した後に、窓を閉めて香りを焚くと良いでしょう。

安眠効果やリラックス効果を高めるために、お部屋の浄化をして空間の氣の流れを整えることも大切ですよね。

以上のように、香りの性質によって焚き方を変えて試していますよ。ご参考にしてください。

スポンサードリンク



(2)お香はどんなものから作られているものか?

お香の原料には沢山の種類がある中から代表的なものをご紹介します。

アロマテラピーを知っている方は、西洋名を見るとアロマ精油に対応できる植物が沢山あるので馴染み易いでしょう。

西洋(アロマ)・東洋(お香)でも同じ香りを異なる形で使って楽しんでいたなんて面白いですよね。

お香は、基本的に自然原料を使って作られ、いろんな原料を配合することで多種多様な香りが作り出されるのです。

お香の原料:香木

香木は、その木自体に芳香を有する木のことで、「沈香」や「白檀」が香木と言われお香の世界では代表的な原料です。

yjimageB0Z88GZY

沈香(じんこう) 別名:アガーウッド

原産地 :ベトナム、タイ、マレーシア、インドネシア
生薬としての効能 :安眠作用、加温作用

沈香は正式に沈水香木という名で、木自体は軽く、樹脂が着いた部分は重く水に沈むことから「沈水香木」と呼ばれています。

お香の原料として、常温だと殆ど香りがないため熱して使用するものの原料として使われます。

yjimageQZIPZNQV

伽羅(きゃら)  別名:アローウッド

沈香の中でも最上級のもので、最も貴重で高価なお香の原料です。
その香りは沈香の中でも独特な芳香で最も高価なお香の原料として使われています。

yjimage1ZLNOQNI

白檀(びゃくだん)

白檀は、別名サンダルウッドとしても有名で樹木です。

お香の材料の中ではベースの役目をするほど、高級な材料としてよく使われ、白檀の芯材部分を原料として使われ、非常に香りの良い基材として愛されています。

原産国の中でも、インドのマイソール地方のものが最高品質と言われています。

原産地: インド、インドネシア、マレーシア・オーストラリアなど
生薬としての効能:止痛作用、健胃作用など

yjimageUJAKY322

桂皮(けいひ)

シナモンの名で世界中に親しまれています。

シナニッケイ、セイロンニッケイ(クスノキ科)の樹皮を乾燥したもの。

原産地: 中国南部・ベトナム・スリランカ・インドネシアなど

yjimageG22CCIVC

大茴香(だいういきょう)

八角茴香(スターアニス)の名で世界中で親しまれ、華料理の香味付けには欠かせない香辛料。

ダイウイキョウ(シキミ科)の果実を乾燥したもの。

原産国:中国南部(広西・広東・雲南・福建省中華料理の香味付けには欠かせない香辛料。

yjimageAUXH5BVH

丁子(ちょうじ)

西洋ではクローブとして古くから使われています。

チョウジノキ(フトモモ科)の花蕾を乾燥したもので香辛料として用いられています。

原産国:モルッカ諸島・ザンジバル

yjimageO1X7Y39F

安息香 (あんそくこう)

西洋ではベンゾインとして知られています。

アンソクコウノキ(エゴノキ科)の幹を傷付け浸出した樹脂。

原産国:スマトラ

yjimage210DG6N5

乳香 (にゅうこう)

西洋ではフランキンセンスとして知られています。

ニュウコウジュ(カンラン科)の幹から浸出した樹脂。キリスト教の儀式における焚香料としても知られている。
原産国:アフリカ東北部・アラビア海沿岸部・ソマリアから産出する。

藿香(かっこう)

西洋ではパチュリとして知られています。

原産国:フィリピン

a0960_005822

その他

バラ・ラベンダー・イランイラン・バニラ・ベチバー・クミン・ゼラニウム・クラリセージ・ジンジャー・ジャスミン・すみれ

などの芯材と香料としてお香の材料となっています。

安眠効果のあるおすすめのお香と香りについて

(1)お香の香りの効果

あなたにとって大好きな香りをプライベートなお部屋に香らせることで与えられる効果ってどんなものでしょうか?

・いつもよりリラックスできる

・心が安らぎ落ち着く

・精神統一ができ、リセットできる

・気分転換やリフレッシュになる

・お部屋の氣の流れや浄化ができる

アロマの香りも同じく、香りとは、嗅覚から大脳へダイレクトに香りが伝わって、脳がリラックスする時間が早いのですね。

アロマの香りを就寝前にお部屋に焚いて寝ると、いつもより入眠時間が早くなるというデータも出ているようです。

お香の香りの中でも、どんな香りに安眠効果があるのでしょうか?

では安眠効果のある香りについていくつか紹介しますね。

(2)リラックス・安眠効果のある白檀のお香や和の香り

白檀(びゃくだん)のお線香の匂いを嗅いだとき、私は田舎にあるご先祖様のお仏壇や寺院を思い出します。
香りによって懐かしいできごとや過去の記憶がよみがえることはありませんか?
金木犀の香りもそうですよね。小学校の帰り道に咲いていたお家を思い出したりします。

お香は日本の風土に合わせ、長い年月の中で作りあげられた香り。だから、どこかなつかしく、気持ちが落ち着くのでしょう。

安眠効果のあるお香とその日の気分に合わせたお香と香りで選ぼう

a0790_000850

(1)お香にはいろんな種類や形がある

お香にはいろんなタイプのものがあります。

★スティックタイプ・・・竹などの芯材を使用し周囲に香料をつけたお香や、香料のみで作られたタイプがあります。

最も定番タイプのお香で、アジア・インド雑貨屋さんで気軽に購入でき、仏壇や寺院などで使用されている線香もスティックタイプのお香です。

(特徴)・だいたい、1本で約30分〜1時間程度使用できます。

・燃えている面積が均一なので香りが均一に広がる

・火をつけたとき~燃え尽きるまでの香りが変わらない

a0782_000492

★円錐形をしたコーン

コーンは先端に火をつけ、香皿の上に置いて使用します

(特徴)・線香に比べ灰が散らばりにくい

・煙が少ない

・燃える面積が広くなっていくため徐々に香りが強くなる

・短時間で強い香りを出す

・短時間でお部屋に香りを充満させたいとき・お部屋の匂いをサッと消したいときに向いている

yjimageWCW102BY

★練香

奈良時代よりその製法が伝わる伝統的な形状のお香です。

沈香や丁字・白檀・貝香などを粉末にし、梅肉や蜂蜜で練り固められたものとされています。

(特徴)・静かに空気を浄め、人の心を和ませます

・玄関・居間・書斎などの空間に向いています

yjimageEZ3FP04Y

★常温で香る匂い袋

和の布で作られた袋の中に、丁子や白檀といった香木などを刻んで調合した香料を詰めて持ち運べるお香こと。

(特徴)・衣類に香りが移ると香水のようになる

・匂い袋には防虫効果もある

・火を使わないので安心して香りを楽しめる

実際にお香をたいてみると、香りはもちろん、煙の立ち上っていく姿を見ているだけでも気持ちが癒されます。

お香を焚いた部屋は、外出から帰ってきたときなどに香りがしてとても癒されます。

あなたもお気に入りのお香を見つけて、ほっとやすらぐ香りを楽しんでみませんか?

(2)気持ちを落ち着かせる香りのお香(鎮静・リラックス・安眠効果)

人生を送っていると、時には自分軸はぶれたり、気持ちが高ぶったり、冷静でいられなかったり・・・
あなたの気持ちをそのままストレートに表現できずに、感情コントロールをしないといけない場面も多々ありませんか?
高ぶった感情をコントロールすることは決して簡単ではありません。
そんな時、冷静になり、自分軸に戻すことを助けてくれるアロマやお香の香りの力を借りてみるのも良いですよ。

・ラベンダー

・サンダルウッド

・ローズ

・サイプレス

・シダーウッド

(3)イライラ・緊張・もやもや感を解消しリフレッシュ効果のあるお香の香り

現代社会では、毎日が何かと忙しくて心休まる間がありませんよね。
その中でも明日が来るのです。できれば、その日の夜に心をリセットできれば最高ですね。
そんな時、今日あった嫌な出来事も感情も解消するために、リフレッシュ効果のある香りがおすすめです。
イライラ感やもやもや感をスッキリさせる効果がありますよ。

・レモングラス

・カモミール

・イランイラン

・ベルガモット

・オレンジ

・ゼラニウム

yjimage3KX6Y6HD

(4)お部屋の浄化

41b9mzkdUUL._SX466_

良質なアロマやお香には浄化作用があるため、浄化できない香りというものはありません。
儀式として香りを使うならば、少し効果な神聖なるアロマオイルやお香で浄化を行ってみましょう。

古来から寺院で宗教儀式において浄化するために焚かれてきた、白檀や乳香の香りなど有名です。

ホワイトセージを使った浄化方法をスマッジングと呼ばれています。

ホワイトセージはネイティブアメリカン達が神聖な儀式を執り行う際に使うものです。

ストーンの浄化にも空間の浄化・精神の浄化にも使えますよ。

※通経作用があるため、妊婦さんは使用を控えて下さい。

・サンダルウッド

・フランキンセンス

・セージ

まとめ

お香はいろんな材料が配合されて作られたものなのですね。

アロマテラピーでも多く用いられる植物も材料として使われているということがわかりましたね。

西洋の香りと東洋の香りに使われている、植物にも共通点があること。

先人たちの知恵がつまった香りのギフトを、ありがたくあなたを見つめるために使わせて頂きましょう。

香りのパワーは、脳内の記憶を整理してくれる作用がありますので、あなたの心や体の内面を磨きたい時に力を貸してくれるのです。

良い記憶は脳内に定着してさらにもっと引き出してくれ、悪い記憶は脳内に定着しないよう整理して解消(浄化)してくれます。

香りの不思議な効果をぜひ体感してくださいね。

今日も最後までお読み下さりありがとうございました。

スポンサードリンク



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookページ