福岡・全国☆夫の浮気解決♪与える愛を学んで夫婦愛蘇らせる浮気解決アロマ♪

menu

アロマスクール ミルフルール

安眠効果のある健康食品のご紹介♪

今日は、安眠効果を高めてくれる健康食品について書いてみます。

こうやって安眠記事を書いていると、本当に安眠することは健康上欠かせない大切なものとわかります。

その安眠効果を高める食品はまさに「健康食品」であるわけです。

睡眠が浅いあなたのために、安眠を促進してくれる効果のある健康食品について調べてみました。

スポンサードリンク



こんにちは!アロマスクールミルフルール勝田です。

安眠することは、人間にとって一番大切なもの。

眠りが浅くて、毎日何だかすっきりしない。
夜中何度も目が覚めて、すっきり眠れない。
ベッドに横になってもなかなか眠れなく時間がかかる。

そんな入眠困難な状態では、あなたも辛いですよね。
ストレスが原因ということもありますが、まず食事から変えてみてもいいかもしれませんよ。

安眠を高めるために役に立つ健康食品とは

安眠効果を高めてくれる健康食品などを生活に取り入れてみることも大切です。
睡眠の質を上げる方法は、一つだけではなく、いろんな方向からいくつか出来そうなことを実践してみることをおすすめします。

(1)健康食品とはどんなもの?

まずは健康食品とは幅が広くて、どんなものを指すのか?を調べてみました。

健康食品とは、健康を持続させるための食品として販売されているものを言うらしいです。

健康食品の中でも、今話題の保健機能食品というものもありますよね。

その中でも特定保健用食品っていう表示は一度でも見たことがありませんか?

食品は、健康食品を含めて4つに分かれているのだそうです。

・健康食品
・機能性表示食品(保健機能食品)
・栄養機能食品(保健機能食品)
・特定保健用食品(保健機能食品)

この4つをひっくるめて「食品」と言われているそうです。

例えば、保健機能食品とは、健康保持・健康増進のための食品として、国が定めている栄養成分基準に満たしている食品であること。

黒ウーロン茶のペットボトルに、「脂肪の吸収をおだやかにする」という記載されているのを見たことありませんか?

「脂肪の吸収をおだやかにする」っていう目的で、国が定めている成分基準に満たしたものに記載ができて販売されているものなのです。

そして、健康食品や、保健機能食品や、健康補助食品などもありますね。

スポンサードリンク



(2)安眠効果を高める健康食品ってどんな役目をするの?

にんにく、アーモンド、くるみ、蜂蜜などいろんな健康食品がありますね。

その健康食品の中でも、安眠効果を高めるものをご紹介してみます。

安眠専門家によると、安眠効果を高めるために必要な条件があるといいます。

・不規則な生活から規則正しい生活へ切り替える
・あなたの夜寝るまでのスケジュールをきちんと決める
・安心して、そしてきれいな寝室を確保する(安眠環境を整える)
・健康意識を高めて、食生活の見直しをする

いろんな研究によって、食品に安眠効果を高め、不眠から助けてくれるものがあるという。
それらの食品は「健康食品」であり、その食品の中に含まれる成分に、高ぶった神経を鎮静させる効果だったり。
リラックスに導き、安眠効果につなげてくれる「メラトニン」「セロトニン」などの睡眠ホルモン分泌量を増やしてくれる食品なのです。

では、安眠効果を高めてくれる健康食品となるものをご紹介していきたいと思います。

安眠を促進する効果のある健康食品のご紹介

550DSC_00182010-03-05_13-30-46_edited-1

(1)にんにくの効果

ニンニクは万能薬っていうくらい、様々な薬理作用がある健康食品といっていいほどでしょう。

ニンニクは、あの臭いが苦手な方も多いと思うのですが、その臭い成分「アリシン」にこそ様々な効果が秘められています。

臭いが気になる方のために、飲みやすいサプリメントである「にんにく卵黄」という商品も販売されています。

にんにくには滋養強壮効果が強くありますが、実は安眠効果を促進してくれるというのです。

眠れない人の特徴には、やはり「大きなストレス」を抱えていることです。
そのストレスが増加するたびに、イライラ感が増したり、眠れなくなったりして進行してゆきます。

それには理由があるのです。

脳がストレスを感じることで、体内の血管が収縮して血液循環が悪くなり、老廃物排泄機能まで衰えます。
血液循環が悪くなることで肩こり、腰痛なども悪化し、筋肉疲労ももとに戻りにくくなっていきます。
その結果、ストレスを帯びることで様々な疲労回復ができなくなって、睡眠にも支障をきたすということになります。

だから、にんにくの持つ効果をりようすることで、血流改善をして、血流の活性化をすること。
精神を鎮静させてくれる効果もあるため、にんにくは睡眠の質を上げて安眠するために助けてくれる健康食品です。

眠れないという悩みは本当につらいことです。私も経験したのでよくわかります。
その経験からお話しすると、まずお薬にすぐに頼るのではなく、毎日「にんにく」を取り入れてみて下さい。

にんにくは、不眠症を予防することができる健康食品の一つと考えてもいいでしょう。

「スコルジニン」という成分に、血行促進効果があり、体が温まることで精神安定させてくれる効果があるというのです。

ストレスや、不眠は大変辛いものですが、薬に頼る前に、一度、健康食品のにんにくを取ることを始めませんか?

ニンニクは、手に入りやすい身近な「健康食品」といえ、一日ひとかけらでも効果があるようです。

(2)アーモンドの効果

health-712980__180

アーモンドには、睡眠を誘発させる効果のある「トリプトファン」が含まれている。

アーモンドに含まれるマグネシウムには、筋肉の強張りを緩和(ほぐす)働きがあり、血行促進する効果があるため
なかなか寝付けない人や、夜間に目覚めてしまう方にもおすすめの健康食品です。
そのほかにも、血糖値安定効果もあるため、安眠効果を高めてくれるということです。

1日一つかみ(20粒くらい)を目安に、一日2~3回に分けて食べるといいそうです。
食前に食べることで、急激な血糖値上昇を予防してくれ、食べ過ぎ予防にもいいでしょう。

(3)その他の健康食品

・バナナ

バナナには、安眠効果を促進する成分である、トリプトファン・マグネシウム・カリウムがたくさん含まれている、
まさにスーパーフードと言われるだけある健康食品です。

トリプトファンには、精神鎮静や、リラックス効果があります。
カリウムには筋肉の緊張をほぐす効果、マグネシウムには血行促進効果があります。

バナナは心身をリラックスさせてくれる健康食品ということです。

tha1180_006352

・牛乳・蜂蜜

寝る前に「蜂蜜入りのホットミルク」にも安眠を促進する効果があります。

牛乳には、安眠を促進する成分がたくさん含まれています。
その成分はトリプトファンが、セロトニンを生成し、メラトニンという睡眠ホルモンに分解されます。
このトリプトファンが、安眠効果を高めるために必要な食品成分です。

蜂蜜には、そのトリプトファンをさらに吸収しやすくするブドウ糖が含まれているため
牛乳と蜂蜜でつくる「ホットミルク」を寝る前に飲むことで、リラックス効果や安眠効果を高めることができます。

 

安眠効果を高めるための健康食品であるサプリメント

pills-540x347

安眠効果を促進するサプリメントの成分をご紹介します。

サプリメントは、食品では摂取できにくい部分を補うことができるもので健康食品の一種として扱われています。

安眠効果を高めるということは、質の良い睡眠ということを目的に
生活習慣を見直して、変えていくこと。それを継続していくことこそに効果を手に入れることができます。

食品では補うことが難しい成分をサプリメントで補うことも一つの手と言えます。
なるべくは、口にする食品で満たしたいものですが、どうしても摂取しにくい成分もあります。

 

(1)グリシンは、眠りを深く(安眠する)効果を高める成分

グリシンは食品からも摂取できるのか?グリシンはアミノ酸の一種だそうです。

・肉類(豚肉・鶏肉)

・魚介類(エビ・ホタテ)

・アーモンド・大豆などの豆類

食品からも摂取できる「グリシン」ですが、実は寝る前に摂取しないと安眠効果が弱まるのだそうです。

グリシンの摂取基準量は、寝る前に3000mgが目安だそうです。

そこで、寝る前に食事を摂るわけにはいかないですよね。そこが難点ということで、サプリメントを摂取することも対策のひとつです。

(2)セロトニン・メラトニンの原料となるトリプトファン

さきほどから、トリプトファンのことを書いていますが・・・
トリプトファンはアミノ酸の一種とのことで、体内で作ることはできないものなんだそうです。
ですから、食品から摂取することが必要なんです。
トリプトファンの摂取量は1日600mg以上ほど摂取すると安眠効果を高めることが出来る。

トリプトファン自体が安眠効果を高めるのではなく、トリプトファンが原料となって、セロトニン・メラトニンを生成してくれます。

このセロトニンとメラトニンこそが安眠効果を高めるために必要なホルモンなんです。

では?どういう原理で、安眠効果があるのでしょうか?

トリプトファン→体内に入り、そして脳へ運ばれることで「セロトニン」になる。

※セロトニンの効果=精神鎮静効果があります。

トリプトファンを摂取することで、セロトニンが生成され、朝目覚めが良くなります。

そのためトリプトファン不足になると、想像できますよね^^朝起きることがしんどくなります。

そして、トリプトファンはセロトニンを生成した後にも、まだ変化を起こし「メラトニン」という睡眠ホルモンが分泌されます。

この「メラトニン」こそが、夜9時ころをピークに分泌量が高まって、眠気を起こすことに欠かせないものなのです。

もちろん、トリプトファンの摂取量が不足すると、メラトニン分泌量も不足して安眠できません。

ということは、トリプトファンなくしては、安眠効果を促進できることができないってことなんですね。

トリプトファンの一日摂取目安量 2mg/体重1kg

例えば・・・体重50kgの場合は、100mg

食生活に気をつかうことで、この100mgならば摂取できるそうです。

安眠効果を促進したいっていう目的での摂取をするならば、この100mgでは不足気味です。

実は、安眠効果を高めるために必要な摂取量は、いろんな情報がありますが「1000mg」ほどと言われています。

トリプトファンの摂取量1gで、ベッドに入って眠りに入るまで、例えば20分かかる人は、10分に短縮できる効果があるようです。

何でもそうですが、サプリメントだからと副作用がないわけではありません。

過剰摂取は避けましょう。あまりにも眠れずに心配な時はお医者様にご相談してみることもおすすめです。

まとめ

いかがでしょうか?

安眠効果を高めてくれる食品や健康食品についてイメージできたでしょうか?

食品で摂取できればベターなのですが、もし摂取不足になるようでしたらサプリメントを取り入れることも一つです。

但し、私個人的な意見としては、やはり食生活から改善してみることで、かなり睡眠の質が変化するのです。

できれば、安眠効果のある健康食品、例えばトリプトファンを多く含む健康食品などを摂取する意識を持つこと。

その意識をするだけでも、不眠症から脱出できる可能性が大きくなりますので、ぜひお試しください。

なかなか食品では補えないGABAなどの健康食品もサプリメントがたくさん出回っています。

質の良いサプリメントを見極めて服用してください。

まずは食品の中の健康食品を、工夫して摂取して安眠効果を高めていきましょうね。

スポンサードリンク



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookページ