福岡・全国☆夫の浮気解決♪与える愛を学んで夫婦愛蘇らせる浮気解決アロマ♪

menu

アロマスクール ミルフルール

香りを使って安眠する方法♪アロマキャンドルの安眠効果

キャンドルは人の心に明かりを灯してくれる癒し系グッズで世界中で愛されてます。

たくさんの種類のキャンドルの中で、アロマキャンドルはリラックス効果があり大人気ですよね。

アロマキャンドルをつけて、お部屋を真っ暗にしてリラックスするのはもちろん、安眠効果もありますよ。

安眠効果のあるアロマキャンドルの使い方やその効果について書いてみますね。

スポンサードリンク



こんにちは!福岡・大阪アロマスクール ミルフルール勝田です。

アロマキャンドルとは「香りのあるキャンドル」です。
香りはあなたの五感を刺激して、心を豊かにしてくれますよ!

インテリアとしてもとっても人気のアロマキャンドル♡

アロマキャンドルをお部屋に飾っているだけでも、お洒落な空間演出と癒しムードを高めてくれますよ。

アロマキャンドルから、お部屋にほのかに香るアロマの香りが心身のリラックス効果があるのです。
ぜひ、安眠効果を高めるために、夜間のリラックスタイムにアロマキャンドルを灯してみませんか?

是非♡最後までお読みくださいね!

あなたを安眠に導くアロマキャンドルとは

(1)アロマキャンドルってどんなもの?

アロマキャンドル(Aroma Candle)はキャンドルにアロマエッセンシャルオイルが含まれている香りのするキャンドルのこと。

アロマ(Aroma)とはフランス語で「芳香」の意味です
よく耳にするアロマテラピーとは「香りの療法」または芳香療法ともいいます。
植物のエッセンスをエッセンシャルオイル又はアロマ精油といいます。

そのエッセンシャルオイルはお部屋に香らせることで、ストレス解消や心身のリラックス、神経の高ぶりを鎮める鎮静効果を得るために使います。

フランス語ではアロマテラピー

英語ではアロマセラピー

と書物によっても書き方が違いますが、発音が違うだけであるらしいです。

アロマテラピーは、フランスのルネモーリス・ガットフォセが作った造語であり、アロマが「芳香」、セラピーが「療法」ということです。
アロマキャンドルは、そのアロマテラピーの中の一つとして、芳香療法としても効果があるでしょう。

キャンドルを灯すと優しい香りがふわ~んと広がるイメージで、キャンドルの灯す「火」にも鎮静作用があるので相乗効果がありますね。

またカラフルなキャンドルがたくさんあるので、並べているだけでインテリア効果もあり癒されますよ。

a0960_002349

(2)アロマキャンドルの効果効能

アロマキャンドルは香りの種類だけ効果効能もあるんですね。

アロマキャンドルの中身は、数種のアロマエッセンシャルオイルをブレンドしたものがおすすめです。

なぜなら、アロマエッセンシャルオイルには香水と一緒で、香りのノートがあります。

たくさんのアロマエッセンシャルオイルをキャンドルに入れて作ることで、香りが長持ちしやすくなる効果があるからです。

例えば・・・

柑橘系は、トップノート(最初に香ってくる)

ハーブ系・フローラル系は、ミドルノート(中間に香ってくる)

ウッド系・樹脂系は、ベースノート(後から香り持続力がある)

このように、香りのノートをうまくキャンドルに使うことで、香りが絶妙に長続きしやすくなるんですね。

そして、効果としては・・・

リフレッシュ・リラックス・集中力を高める・鎮静・安眠・癒しなど様々効果があります。

例えば

リラックス・鎮静・安眠効果のある・・・ラベンダー・オレンジ・サンダルウッド・フランキンセンス

リフレッシュ効果のある・・・レモングラス・レモン・グレープフルーツ

それぞれの香りによって効果効能も違ってくるのであなたのその日の気分や体調に合わせてアロマキャンドルを灯すことで効果的です。

最近はアロマキャンドルも人気ですよね。
ロウソクにアロマオイルが含まれているので火を付けるだけという手軽さと、揺れる炎は眺めていると少し眠気を誘います。

夜のリラックスタイムを5分~10分でもいいので、キャンドルを眺めているだけでも、心や体がリラックスできるのでお試し下さいね。

(3)どのようにアロマキャンドルの選ぶといいでしょう?

では次はアロマキャンドルの選ぶ方!!香りで選んでみるのもOKですよ。直感で欲する香りでOK。

慣れてきたら・・・どんな香りだったらあなたが癒されるかをイメージしながら選んだり。

効能を意識して選ぶ方法まで、選び方にもたくさん方法があります。

アロマキャンドルの選び方は、あなたの香りの記憶や日常のシーンをイメージすると選びやすくなりますよ!

女性だったら、ローズの香りにうっとりしたり、レモンの香りですっきりしたり。

緑深い森を歩いているとどんな気分でどんな香りがしますか?・・・森林浴効果のある香りを選ぶとき

お花畑の真ん中で立っていると、花々たちからどんな香りが届けられますか?・・・フローラルな香りを選ぶとき

海辺を歩いているとき・エステサロンの香り・ホテルの入り口に焚いている香り・・・

こうして五感をつかって、あなたの身近な香りや思い出のときに漂っていた香り・・・

アロマサロン・エステサロンで体に塗ってもらった精油の香り・・・

あなたがとっても印象深く記憶に残っている香りをヒントにアロマキャンドルを選ぶのも楽しいですよ。
これこそが、五感を働かせイメージして選ぶ立派なアロマテラピーなのです。

是非お好みの香りを見つけて下さいね!

スポンサードリンク



キャンドルの歴史とその効果!!リラックス・安眠効果について

実は、キャンドルの歴史はとても古く紀元前3~4世紀頃からエジプトやギリシャ、ローマ、中国などで使用されていたそうです。

中国から日本へは入ってきたのは、6世紀の奈良時代の頃。

19世紀にはオイルランプなどが主流となってキャンドルの使用頻度が少なくなったようです。

日本でも日常で電気を使うするようになり、キャンドルはイベントや災害などの特別なイベントでしか使用することがなくなりました。

近年は癒しグッズ・インテリア雑貨として再び注目を集めているアロマキャンドル(キャンドル)
電気が普及した現代でも、まだキャンドルが使われる理由があるんです。

それはキャンドルには、とても素晴らしい「リラックス効果」「安眠効果」があることで、認知度が上がってきたから。

a0800_000263

(1)キャンドルの持つエネルギー(パワー)

実はキャンドルにはすごいパワーがあるんです。

キャンドルを灯すと微量の水分が放出され、マイナスイオンが発生しているのですって。

キャンドルから放出されるマイナスイオンの数が20,000個/cm

滝から放出される量3,500~5,000個/cm

滝よりもキャンドルのマイナスイオン量がずっと遥かに多いんです。

また交感神経の高ぶりを抑える、リラックス・安眠効果をもたらしてくれる理由は・・・「1/fゆらぎ」というリズムをもっているんですって。

1/fゆらぎとは、キャンドルで言えば、炎が強くなったり、弱くなったりと一定ではなく変化するもの。

キャンドルの炎を眺めていると、炎が強くなったり、弱くなったり、そしてゆらゆらしたりしていますよね。

その炎にも動きがあることで、心身のリラックス効果が期待できるのです。

1/fゆらぎは、音楽にもあるリズムでもあり、キャンドルもその同じリズムがあるのだそうですよ。

その1/fゆらぎとは。小川のせせらぎ・月の光・鳥のさえずりには「1/fゆらぎ」というリズムがある。

キャンドルの炎ってゆらゆら~ってする炎の動きがありますよね?なんとも癒されませんか?

私はすごくキャンドルの炎を見ているだけで癒されます「ほわ~ん」とまったりするような感覚がありますね。

キャンドルの炎を見ていると、ゆらゆらする動きには、炎が小さくなったり、大きくなったりしているんです。

それこそが、1/fゆらぎとよく似た効果があって、心が癒されるのだと感じています。

1/fゆらぎって森林浴でも同じ効果を体験できるのですが、忙しくてなかなか森林や小川に出向けないことも多いですよね~

なかなか森林浴ができなくても、お部屋にキャンドルを灯すだけでも同じ効果があるってことがわかりますね。

少し今週はハードだった~って時、就寝前のリラックスタイムに!!そんな時にキャンドルを灯してみてはいかがですか?

キャンドルから発するマイナスイオン効果で、心身がリラックスし、安眠効果を高めてくれますよ。

a0007_002739

(2)食卓にもキャンドルを

オシャレなレストランやバーなどのテーブルに置かれているキャンドルが置かれて空間演出されているお店もありますよね。

キャンドルを使ったお店の空間演出効果だけではなく、お食事中にキャンドルを灯すことによりこんな効果があるのです。

・キャンドルの炎という自然に目が奪われ緊張感がほぐれる

・キャンドルの照らすオレンジ色の明かりも場の緊張感を和らげ、優しい雰囲気づくりをしてくれる

お誕生日のとき、真っ暗なお部屋の中でキャンドルを灯して、バースデーソングを歌ってもらうと温かい気持ちになりますよね~

それもキャンドルからくれた心理的ギフトではないでしょうか?心がほっこりしますもんね。

なかなか自宅での食事でキャンドルを灯す機会はありませんが、年に何回かの特別な日。

またリラックスムードで食卓を囲みたいのであればとてもおすすめの方法ですよ。

キャンドルのカラーや、香りもスチュエーションに合わせてコーディネートすることもおしゃれに楽しめる方法です!

キャンドルの優しい灯が普段よりもオシャレに非日常なムードも楽しましてくれるでしょう♡

 

(3)バスタイムにもキャンドル

アロマキャンドルは香りが良いだけではないんです、1/fゆらぎのリズムを持っている炎を眺めているだけでも鎮静効果がありますよね。

最近、アロマキャンドルを入浴タイムに取り入れる方も増えました。

お風呂に浮かべて使うキャンドルである「フローティングキャンドル」ってご存知ですか?

バスにキャンドルを浮かべるなんて、すごい贅沢感ありませんか?真っ暗にしてリラックス空間を作るのにいいですよね。

毎晩のバスタイムを、何気に流れ作業で入るのではなくって。

日常生活の中でもリラックスできるバスタイムで、キャンドルの炎のパワーを取り入れてさらに癒されてみませんか?

最近では浴槽に浮かべることができるキャンドルも販売されています。

普通のキャンドルでもバスタイムでも使いことは可能で、その際は水がかかりにくいキャンドルホルダーを使用しましょう。

例えば、取ってのある背の高いガラスマグカップの中にキャンドルを入れるといいですよ。

yjimage12P9SQMM

また、キャンドルホルダーやグラスが、熱で熱くなるので火傷にはくれぐれも注意が必要です。

お風呂では特にアロマキャンドルがおすすめです。

それは、お風呂は狭い空間なので、よりアロマの香りが充満しやすく香り豊かに楽しむことができるからです。

お風呂で冷えた体を温め、リラックス効果のある香りを選ぶことで、副交感神経が優位になり、安眠効果が一気に高まります。

バスタイムは照明を落として入るほうが、よりさらにリラックスする効果が生まれるので。

お風呂の照明を消して、キャンドルの炎を見つめながら、日中とは真逆の至福のバスタイムを過ごしてみてはいかがですか?

キャンドルは火を使うため、生活に取り入れるのにハードルを高く感じますが、お値段的にはそんな高価ではありません。

電気代節約にもなりエコ生活を始めれることもメリットです。

特にお風呂場でのキャンドルは、近くに水があるので安心、ぜひ、バスタイムにキャンドルを取り入れてみてはいかがですか?

(4)キャンドルのその他の効果

a0011_000009

キャンドルで婚活脳状態を創る
■ キャンドルの揺らぎ(1/fゆらぎ)とオレンジの灯りは副交感神経を刺激しリラックス状態になる。
この効果を用いて、婚活イベント会場でアロマキャンドルが使用されているんですって。

アロマキャンドルの効果で、初対面でもコミュニケーション能力が上がりやすい空間を創り出すのだそうです。

あの優しい炎を見ていることで、ハートがオープンになり、より初対面の人でも受け入れやすくなるという効果を利用しています。

キャンドルの炎はまさに、「婚活脳状態」にする効果があるんですね。

■ キャンドルの炎の灯は、お料理の見栄えを良くし、肌をきめ細やかに見せる効果や、ゆらゆらと動く炎に自然と目がいくことで、テーブルの中心に目が集まりやすくなります。

そして、家族やカップルの会話が思わず弾む効果があるようですよ。なるほどですよね~お店ではそのような効果を利用して使っているんですね。

このように、キャンドルにはさまざまなリラックス効果や使い方があるのですね~

どうぞご参考になさって下さいね。

安眠効果のあるアロマを焚きながらキャンドルを灯す

疲れて帰ってきた時に、リラックスバスタイムに、アロマキャンドルはもはや生活に密着した、大切な癒しアイテム。
でも好みの香りがわからない…何がいいかわからないなんてことありませんか?

アロマをお部屋に焚きながら、キャンドルの火を灯すとよりさらに安眠効果が高まります。

そのために、安眠効果のあるアロマエッセンシャルオイルの選び方を伝授いたしますね。

thumb_307911542c7a28ad6eb6f1fa03d0c4e5

(1)安眠効果のあるアロマエッセンシャルオイル

★ラベンダー

不眠に効果があるアロマは?と言えば、一番に浮かぶのは「母の愛」と呼ばれている「ラベンダー」でしょうね。

ラベンダーは脳や心身の緊張や興奮を鎮める効果「鎮静効果」があり、安眠効果にはなくてはならないアロマエッセンシャルオイルでしょう。

何を使っていいかわからないって時は、迷わず「ラベンダー」をおすすめします。

またラベンダーには空気中の抗ウイルス効果もあるため、フランスの病棟では「ラベンダー」の香りを香らせて院内感染予防をしていますよ。

誰にでも使える万能薬として古代からもっともポピュラーなアロマエッセンシャルオイルです。

★カモミール

カモミールも、安眠効果のある有名なアロマエッセンシャルオイルですね。

そして、カモミールティーなどのハーブティーの中でも作用が緩やかで子どもさんや妊婦さんにまで飲めるほどの穏やかな作用があります。

カモミールにも、ラベンダーと同じく、神経の高ぶりや緊張感を鎮めリラックスする効果がとっても高いので、安眠効果を高めてくれるのですね。

他にも、シダーウッド、スイートオレンジ、サンダルウッド、ローズウッド、マジョラム、ゼラニウム、フランキンセンスなども安眠効果が高い香りと言われています。

ラベンダーやカモミールはオススメですが、あなた好みの香りの方がより心地よく眠れる可能性があります。

あなたの主観で好みの香りを探してみるのもいいですね。

(2)アロマ選びの注意点

アロマ選びの注意点として、できるだけ100%天然のアロマを選ぶようにしましょう。

安いものだと、化学成分が含まれていることがあるので使わないでくださいね。

また、アロマは妊娠中には使用しないほうが良い物が多いので、その場合は柑橘系などを選びましょう。

不眠気味だな~って悩まれている方は、眠る前の儀式として、何かアロマをはじめ、何か安心できるものを取り入れてみることが大切です。

脳に、「もうそろそろ寝る時間ですよ」って認識させるために、毎日同じ時間帯にアロマを焚いたり、アロマキャンドルを灯したり。

お風呂でキャンドルを浮かべてリラックスしたり。それを継続して、心身のリラックス効果をどんどん高めることで安眠効果も高まるものです。

ぜひ、アロマキャンドルやお部屋にもアロマを香らせてみましょうね。

照明を暗くすることも、安眠効果がありますのでおすすめですよ、

まとめ

キャンドルのお話しいかがでしたでしょうか?

少し敷居が高いと感じるキャンドルも、リラックス・安眠効果があるのであれば使いたくなりませんか?

特にキャンドルの中でも、無臭のキャンドルよりも「アロマキャンドル」がおすすめです!

そして停電時の備えとして、一家に何個か常備していると安心です。

ですが、キャンドルの火の気には十分注意しましょう。

アロマキキャンドルは火を扱って楽しむものなので、下記の点を注意して安全に使用してください。

・必ず安定した台の上で使用し近くに燃えやすいものがない事を確認してから使用してください。

・キャンドルは非常に高温になるため、燃えるものがないところへ置きましょう。

・寝室での使用は注意して、火をつけたまま寝たり、その場から離れないようにしてください。

・窓を開けて使用すると、風でキャンドルスタンドが倒れたり、火が燃え移る可能性もありますので注意してください。

・キャンドルの火が消えていることを確認してから外出してください。

・お子様がいらっしゃる場合は、お子さまがやけどをしないように、キャンドルに火をつける場合は見せないようにしましょう。(真似をしないように注意です)

・途中で眠気がくることを想定して、寝室・就寝時には絶対に使用しないでください。

キャンドルは火を扱って楽しむ物です。安全に気をつけて使用しましょう!!

アロマキャンドルで、素敵な癒し時間をお楽しみ下さいませ。

スポンサードリンク



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookページ