福岡・全国☆夫の浮気解決♪与える愛を学んで夫婦愛蘇らせる浮気解決アロマ♪

menu

アロマスクール ミルフルール

眠れる野菜のキャベツに安眠効果がある訳♪

今日は、安眠を導く食材がたくさんある中でキャベツについて調べてみました。

安眠することは、人間生きている中で一番大切な行為ですよね。

だからこそ、安眠にこだわって食材やお水などを質の高いものを摂取してカラダの内側から変えていきましょう。

キャベツに安眠効果があるのでしょうか?ご紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク



こんにちは!アロマスクールミルフルール勝田です。

安眠効果を上げるためには、日ごろの食べ物からも意識する必要があります。

「眠れません!!」って言う人ほど、日常生活の中で何か意識不足がある傾向があります。

毎日、私たちが口にするものに意識を高めることは、良質な安眠をえるための秘訣なんです。

では、今日はメラトニンという安眠を促すホルモンを分泌させる食材のキャベツについて書いてみますね。

眠れる野菜のキャベツ・レタス・セロリに安眠効果がある

a0001_009190

キャベツを食べると眠れる、という話は聞いたことがあるかもしれません。

実はヨーロッパでは、キャベツは眠れる野菜として有名なんだそうですよ。

キャベツはこんな方におすすめです!!

○免疫力を向上させたい方
○ストレスをやわらげたい方・不眠気味の方
○肌荒れでお悩みの方
○便秘でお悩みの方
○生活習慣病を予防したい方
○胃腸の健康を保ちたい方

(1)キャベツに含まれている成分が眠りを誘う?

青汁には安眠成分が含まれています。

青汁の主成分に使用されるものは、ケールや大麦若葉・明日葉のような栄養素の高い野菜です。

そのケールという物には、キャベツと同じくで、睡眠ホルモンである「メラトニン」も含まれているそうです。

メラトニンこそが安眠効果のあるものなのです。

 

なぜ安眠効果があるのでしょうか?

青汁の原料なるケール(明日葉・大麦若葉なども含む)や、キャベツ・ほうれん草に含まれているラクッシン・ラクットリコピンという安眠成分が眠りやすくするらしいのです。

レタスにも同じ安眠成分が含まれていて眠れる野菜として有名ですね。

セロリにも、心身をリラックスさせる鎮静効果があるんです。

セロリから発している香りには、神経の高ぶりを抑えてくれる作用があるのですって。

不眠とは、夜間に副交感神経が優位になる時間帯でも、神経が高ぶって、緊張状態になり脳が興奮している状態なので眠れないこと。

ということは、その神経の高ぶりや興奮を鎮静させてあげることで、心身が落ち着いてリラックスでき副交感神経も優位になるので眠れ安くなります。

キャベツにも、セロリやレタスと同じように神経の高ぶりを抑えてくれる効果があるので、不眠で悩んでいる方にはおすすめの食材です。

ここでキャベツを食すにあたり注意点があります。

キャベツは朝や昼食ではサラダで食べてもいいのですが、夜はなるべく火を通して食べましょう。

野菜炒めやスープ・ミルクシチューなどに入れて食べてみると、体が温まるので安眠効果が高まりますね。

どうしてかというと、生サラダで食べると体を冷やす野菜もあるので、寝る前はなるべく温野菜などにして温める意識をすることが大切です。

キャベツは、塩キャベツや、サラダやシチューなどの煮込み料理、炒め物・スープなど・・・

いろんな料理に活躍する万能な食材ですが、寝る前は温め料理がいいでしょう。

どこでも買えて一年中食べられる使い勝手の良い野菜ですが、栄養価や健康維持に嬉しい成分がたくさん詰まった野菜なのでコンソメスープやミルクシチューなどの温かい料理に使う事がおすすめです。

また、そのほかにも玉ねぎやセロリ・レタスなどにも安眠効果があるので、寝つきが悪くて困っている人は玉ねぎの摂取量を増やしてみるのも良いでしょう。

そして、キャベツ・玉ねぎや、セロリ・レタスなど、水にさらすと大切な成分が水に流れでちゃうため、せっかくの効果が半減してしまうようなので注意しましょう。

キャベツをはじめ、上記でご紹介した食材を入れたミルクスープなどを作ると眠れるスープでさらに効果大でしょう。

a0002_010934

 

(2)その他キャベツの効果とは

キャベツの効果には下記のようなものがありますよ~すごいキャベツの効果をご確認下さいね。

●免疫力を高める
キャベツに含まれるビタミンCこそが、免疫力を高める効果があります。

それは、ビタミンCの役割に免疫力を高める効果があるようです。

人間がストレスにさらされると、免疫力が低下するのです。そこで食物からビタミンC摂取をしないといけません。

そして、そのビタミンCの大きな役割は・・・ストレスに負けない免疫力を高めるほかにもあります。

・粘膜を正常に保つ
・風邪ウイルスに負けないようにサポートする
・抗アレルギー
・かゆみを止める

精神的な不安や緊張、疲労や睡眠不足、またたばこを吸ったり、紫外線を浴びることからもストレスになります。

そのストレスに対抗するためにも、キャベツなど、他の食品に含まれるビタミンCを摂取することでストレスに強くなること大切です。

ビタミンCが不足することで、ストレスに打ち勝てないということです。

その他、ビタミンCは肌荒れにも効果があるんですよ。どうしてでしょうか?

実はビタミンCは、コラーゲンを作るのに欠かせないものなんです。

コラーゲンと言えば、女性はとても興味津々ではないでしょうか?

だって、お肌のしわ・はりを保つためには、コラーゲンが不可欠ですからね^^

あと、シミにも大きく効果があるのですが、それはメラニン色素が作り出されるのを防いでくれるからなんです。

スポンサードリンク



キャベツ以外にも眠れない悩みを改善する食材で安眠効果を上げましょう

メラトニンは安眠を促すホルモンのこと。

人間の体内で自然と作られる物質ですが、食べ物からも摂取できるんですね。

メラトニンを多く含む食品を食べるだけ、メラトニンの体内量が増加するので、ぜひ食べ物も意識して摂取してみましょう。

(1)安眠効果のあるメラトニン・トリプトファンを多く含んでいる食べ物

メラトニン含有量の多い有名な食材はケールやトウモロコシなどです。では、その含有量はどのくらいなのでしょうか。気になったので調べてみました。

メラトニンを食事から摂取するのはごく微量であることからとても難しいことです。

メラトニンが多く含まれている食材の中で、一番メラトニンが多く含まれているのは「ケール」なんですって。

他には、トウモロコシや、バナナは有名です。

青汁に含まれる「ケール」に一番多くメラトニンが含まれているということですが、苦味があって敬遠されがち。

そこでおすすめの摂取方法は、青汁を牛乳や豆乳で良くシェイクすると飲みやすくなります。

牛乳には、メラトニンを作るアミノ酸のトリプトファンが含まれているので、安眠効果に相乗効果がありますよ。

眠りが浅い、夜中に何度も目が覚める、なかなか寝付けないなどの不眠の症状がある人は、薬を飲む前に青汁を効果的にお試してみてはいかがでしょうか。

★その他安眠効果のある食べ物や飲み物

トウモロコシ・カイワレ大根・バナナ・チーズなど

ホットミルク・ホットココア・甘酒などもトリプトファンを多く含みます。

飲み物だからって消化する時間もかかりますので、最低でも就寝前30分前には飲み終わっておきましょうね。

【その他精神安定・安眠に良いおすすめの食材と効果】

●疲れているのに眠れない

●夜中に目が覚めてしまう

そのような不眠でお悩みのときには、玉ねぎやにんにく、にらなどの、安眠作用のある野菜がおすすめです。

下記に安眠効果のある野菜をまとめてみますね。

★キャベツ・・・特に葉っぱにビタミンCがたくさん含まれているので、炒め物やお味噌汁に使うことがおすすめです。

★小松菜・・・小松菜からは亜鉛が含まれていてストレスや精神安定に良いのと、カルシウムが豊富なのでイライラ防止に良いです。

★えのき・・・GABAが含まれているので神経の興奮を抑えて、鎮静効果があります。

★バジル・・・アロマ精油のバジルと同じく、生のバジルの葉にもリナロールという香り成分がある。

バジルの葉を香ると独特な香りがしませんか?それです。芳香にはリラックス効果があると言われています。

★玉ねぎや長ネギ・・・あの苦味成分である硫化アリルが自律神経のバランスを整えてくれるのです。

硫化アリルが流れてしまうので、水にさらさないように注意しましょう。

ストレスによる不眠解消には、安眠作用のある野菜をたくさん摂取しましょう。

キャベツに含まれる安眠を促す食品のまとめとレシピ

a0006_002537a0002_010083a0002_001577

夜ごはんにキャベツを食べるときは、サラダで摂取するよりも、できれば温まるスープや炒め物にして摂取する方がいいのですね。

夜は、体をどんどん温めることが安眠に繋がるので、ミルクスープにセロリ・レタス・キャベツなどを取り入れることで体が温まっていいと思います。

安眠効果を上げるためには体を冷やすことが一番大切なことで、カラダを冷やして眠りの妨げにないようにしましょう。

(1)安眠効果がある食べ物

バナナやトマト、クルミ、キャベツにはメラトニンが含まれています。

メラトニンとは、「睡眠ホルモン」と呼ばれるもので安眠効果ととても深いつながりを持っています。

食べ物だけで、安眠するために必要なメラトニン量(個人差がありますが0.3~5mg)を摂取するのは、難しいのです。

朝・昼で日光に浴びることでメラトニン分泌がストップされ、セロトニンの分泌が活発化します。

また夕方あたりからメラトニンの分泌量が増え、深夜2時ころにはピークを迎えます(睡眠のゴールデンタイムです)

メラトニンは明るいところでは分泌がストップし、暗いところで分泌が増加するのが特徴です。

安眠促進を望む場合は、食品からと生活習慣で、夜間のメラトニン分泌量を増やすことで安眠効果を高めることができます。

メラトニンが多く含まれる食品

バナナ
トマト
クルミ
キャベツ

などが代表的な食べ物です。

食品摂取だけではメラトニン量が不足することもあるので、就寝30分前にメラトニンのサプリメントと併用することも安眠を促す方法の一つでしょう。

(2)キャベツやメラトニンが多く含む料理

●キャベツうどんとサラダ

材料(4人分)
キャベツ200g 白菜キムチ200g もやし200g 小松菜200g ネギ100g 生姜20g 豚肉しゃぶしゃぶ用160g 卵4個 冷凍うどん400g

調味料:顆粒鶏がら小匙2 醤油小匙4 唐辛子少々 水6カップ トマト200g レタス200g 乾燥わかめ4~5g

【作り方】

(1)キャベツ、小松菜、青ネギは食べやすい大きさに切り、生姜は薄切りにする。

(2)冷凍うどんは熱湯に入れてゆでる

(3)鍋に水、顆粒鶏がら、醤油を入れて煮立てる。

(4)(1)の野菜、白菜キムチ、豚肉、卵を加える。蓋をして沸騰してきたら、(2)のうどんを入れながらいただく。

【アレンジしてOK】

★スープを煮立てた中に具材をすべて入れ、鍋焼きうどんの要領で作ってもOK.!

★豚肉の代わりに、生で食べられる牡蠣やあさりなどを使っても美味しいです!

その他のレシピ・デザート

・バナナヨーグルト

・タラコスパゲティー

・明太子ととろろのパスタ

・鮭とかぶのミルク煮

・ぶり大根

・チーズオムレツ

・納豆チヂミ

・キャベツの野菜炒め

・ロールキャベツ

・トマトデトックススープ(キャベツ・セロリ・玉ねぎ・きのこ・レタス・ほうれん草など)

・まぐろ山かけ丼

このような料理に含まれるメラトニンやトリプトファンを含む食材レシピを調べて、意識しながら食事を作ってみましょう。

a0002_001162 a0007_001778 a0027_001983 a0800_000274

 

(2)食品以外でメラトニンを分泌させる方法

人間は、朝日の光を浴びて脳内にある体内時計がリセットされ活動状態に入っていきます。

メラトニンの分泌が止まっても、14~16時間後位経過すると再び分泌されるようになっています。

夜間になって、体内の深部温度が低下して眠りやすい体に整い眠気を感じやすくなるというのが「睡眠のメカニズム」です。

メラトニンの分泌を高めるための方法2つあります

・メラトニンが含まれる食べ物を意識して取り入れること

・メラトニンは明るいところでは分泌されませんので、夜間はお部屋の照明を暗くすること(オレンジ色の間接照明がベター)

大切なことは、メラトニンは、明るい光に影響を受けやすいので天井や間接照明の電気が強いとメラトニンの分泌低下してしまいます。

睡眠を促すためには、メラトニン量が0.3~5mg必要で、まずは食べ物から摂取すること、メラトニンが分泌されやすい生活をすることが望ましいでしょう。

その中でも食べ物摂取には意識することが大切です。

 

まとめ

いかがでしょうか?

キャベツには安眠効果があることがわかりましたね。

入手しやすいキャベツを気軽に毎日少しでも食材に取り入れると良いでしょう。

キャベツ以外にもメラトニン・トリプトファンを含む食材と組み合わせて食品から摂取することが望ましいです。

不眠症で悩んでいる方は、ぜひご紹介した食事法を活用してみてください。

食事だけでも、かなり睡眠の質は変わってきますので、ぜひ安眠体質を手に入れて下さいね。

スポンサードリンク



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookページ