福岡・全国☆夫の浮気解決♪与える愛を学んで夫婦愛蘇らせる浮気解決アロマ♪

menu

アロマスクール ミルフルール

心地良い安眠を手に入れる方法♪おすすめのアロマとハーブ

今日は、安眠を誘うおすすめのアロマオイルとハーブティーについてお話ししたいと思います。

この記事をお読み頂いているあなたは、アロマを使って不眠を改善できたり安眠の重要性を知っていることでしょう。

そしてどうすれば、もっと睡眠の質をあげて安眠に導くことができるのかを向き合っておられるのかもしれません。

私が12年のアロマを愛用してきた中で、不眠を改善できたアロマオイルのブレンドレシピをご紹介したいと思います。

20151030_193136

アロマ、断捨離、風水、コミュニケーション心理学を融合した開運アロマメソッド

「深層心理メディカルアロマ」のアロマスクールミルフルール勝田美子です。

 

不眠解消♪おすすめの安眠アロマブレンドやおすすめ使用方法

(1)不眠症について

近年増えていると言われている「睡眠障害」の原因も数多く存在するそうです。

その中のひとつと言われている「不眠症」についてお伝えします。

不眠症とは、寝つきが悪い、夜中に目が覚める、安眠できないなどの症状で寝不足となり日中に眠たくなったりして集中力の低下や倦怠感などの心身疾患のことです。

・なかなか寝付けない原因をまず理解することが大切

夜寝る前までストレス解消のためにスマホやパソコンを触っていませんか?

パソコンの光はブルーライトという光を発していて体内リズムに影響を及ぼします。

夜間にブルーライトを見続けることは、体内時計にお昼ですよって勘違いされてしまい、夜なのに昼と認識され狂わす原因のひとつになるのです。

夜、携帯やパソコンを触る時間を決めて生活習慣を変えることで驚くほど改善されます。

・その他ストレスが原因であることも考えられます

ストレスは多種多様と言われますように人間関係・家庭内環境、騒音や環境、体の病気や痛みなどによる身体的ストレス、勉強など。

ストレスと一言でいっても、実は山ほどあるもので、人ぞれぞれ原因もたくさんあり違いますよね。

夜間、辺りが暗く静かになり落ち着いてきたときに、動悸がするなど緊張状態に気付いたりしていろんな不安が頭の中をグルグルと回るものです。

ベッドに入ると何だか寝付けないのは、脳がリラックスモードに入れない状態になっているのでしょう。

スポンサードリンク



(2)アロマで改善できる不眠とおすすめアロマオイル(安眠効果のあるアロマ)

◆アロマで改善できる不眠

・心身の不調が原因で起こる不眠(うつ、自律神経失調症、更年期障害・ストレス)
・神経の興奮が原因の不眠(緊張、神経の高ぶり)

などには、アロマが効果的とされています。

どちらも、
交感神経と副交感神経のバランスが崩れて不眠になっているため、アロマでリラックスさせることでバランスを整えてくれます。

アロマの香りは嗅覚から、あらゆるホルモンバランスの調整を司っている大脳にダイレクトに伝わってゆきます。

心と体の状態に適した精油を選びたいのですが、アロマ初心者さんは何を選んでいいかわからないので迷ってしまいますよね。

あなたが香りを嗅いで「今日はこの香り!!」って直感で素直な気持ちで選んでみるといいですよ!

では、不眠症に効果的(安眠効果がある)と言われているアロマオイルと使用方法を見てゆきましょう。

(3)安眠アロマオイルのおすすめの使用方法

・アロマディフューザー・アロマライトを使用する

アロマの香りをお部屋全体に香らせると「リラックス効果」があって安眠できる環境が整います。

就寝前1時間前から香らせておき、お部屋全体に香りが行きわたるようにしておきましょう。

・アロマオイルを垂らしたハンカチ・ティッシュを枕元に置く

ハンカチや、テイッシュなどに、お好みの精油を2~3滴落として、

寝る直前に、鼻に持ってゆき深呼吸して吸入してリラックスしてからベッドの近くや枕元に置いて寝ましょう。

・鼻詰まりを起こしているとき香りのマスクをかけて寝る。

※マスクに好みの精油を1~2滴垂らしてかけて深呼吸をして眠りにつきましょう。

そのとき、直接肌に原液がつかないように気を付けましょう。「ラベンダー」がおすすめです。

★私が以前、不眠で悩んだときにやってみたこと

ラベンダー2滴・マジョラム2滴・オレンジ3滴をブレンドして、アロマディフューザーでお部屋に焚きました。

ずっと眠れずに悩み続けた日々が嘘のように、その夜はぐっすり朝まで眠れたことは忘れられません。

あと、ゼラニウム1滴×ラベンダー2滴×イライラン1滴×オレンジ3滴のブレンドも眠ることができました。

不眠症によいアロマオイルは多数ありますが、その中でも「真正ラベンダー」「オレンジ」「ゼラニウム」「マジョラム」のブレンド効果はとても大きいものでした。

特に女性は生理前の情緒不安定には「ゼラニウム」「オレンジ」「クラリセージ」のブレンドもおすすめです。

ぜひ、一度あなたが一番これの組み合わせが良いなっていうおすすめブレンドを見つけてください。

そして見つかったときは、おすすめアロマブレンドレシピをノートに書きとめておくと忘れずにすみますのでお勧めの方法です。

アロマオイルをブレンドする方法にはコツがありますが、まずは失敗しても経験になるのでやってみましょう。

柑橘系のオレンジは不眠にも効果があるので、私はオレンジは毎回他のオイルにブレンドしています。

オレンジの香りは、いろんな香りに調和しやすく、香りをまとめてくれるのでオレンジをブレンドすると失敗をしないですみます。

初心者さんにはオレンジを多めにブレンドすることをおすすめしています。

ではそのブレンドレシピ例とそれぞれのアロマオイルの滴数などを詳しく書いていますのでご参考にしてみて下さいね。

不眠を改善して安眠を誘ってくれるアロマオイルのブレンドレシピ・安眠ハーブ

不眠症を改善するアロマとハーブを使いながら、自律神経やホルモンバランスを整えてリラックスすることで安眠効果を高めることができます。

アロマオイルだけではなく、日ごろ夜間にはノンカフェインのハーブティーを飲むことも安眠効果を引き出すことができるのでおすすめです。

では、安眠効果を高めて不眠を改善するアロマオイルとハーブティーをご紹介します。

(1)不眠を改善してくれるおすすめのアロマオイル11種類

不眠症の解消に使われる精油(エッセンシャルオイル)

・真正ラベンダー・・・真正ラベンダーの成分の中にある酢酸リナリル35%以上含まれることが不眠に効果的だと言われます。

・オレンジ・・・何か心配ごとや不安なことがあり、なかなか寝付けない時、考え込んでしまう時、後ろ向きな気持ちを持ち上げてくれて温めてくれます。

・プチグレン・・・プレッシャーや不安を感じているときにそれを乗り越える強さを与えてくれ、中枢神経を抑制する働きで安眠にも効果的です。

・クラリセージ・・・ほのかに甘みと温かみを含んだスパイシーな香りで、心の緊張をほぐし、不安、ストレス解消におすすめです。

・ネロリ・・・オレンジの花の甘い香りで幸福感・リラックス・安眠効果をもたらしてくれ眠る前に考えこみがちである不眠症の人にはおすすめのオイルです。

・ゼラニウム・・・副腎や視床下部に働きかけ、自律神経のバランスを調整してくれるのでリラックス効果が高まり安眠に導いてくれます。

・サンダルウッド・・・心の鎮静効果があり、寝る前にとげとげしがちな心を穏やかにしてくれるため安眠におすすめのアロマです。

・シダーウッド・・・ヒノキ科やスギ科の樹木の香りに含まれる「セドロール」という物質がシダーウッドには多く含まれ、眠りをよくする効果があります。

・ゼラニウム・・・ローズに少し似た香りで女性に人気ですっきり感を与えてくれる反面、精神を安定させてくれます。

・フランキンセンス・・・心を落ち着かせる効果があるので、悩むことが多く考えすぎて眠れない時に使用するのがおすすめです。

・マジョラム・・・温かみのあるスパイシーな香りがイライラする神経を鎮めてくれ冷静にさせてくれるので寝る前に使ってみて下さい。

・カモミール・・・青りんごに似たような香りがストレスに負けそうな心を解放してくれたり、緊張しがちな心を緩めてくれる効果を持ちます。

特に真正ラベンダーはいろんな症状に効く万能アロマオイルなので、ご家庭に1本常備されることをおすすめします。

たまにラベンダーの香りが嫌いって方に出会いますが、その時はオレンジやプチグレンなどの柑橘系がおすすめです。

特に不動の大人気のオレンジは、嫌いな人はいないので超おすすめです。

ラベンダーの使い方での注意点として

ラベンダーは不眠症に良いとされていますが、使用量が多いと逆に目が冴えてしまうことがあります。

アロマバスで6滴~7滴まで

ハンカチに落とす滴数は2~3滴まで

アロマディフューザーには5~6滴まで

正しく使用することで、アロマで不眠改善し安眠効果を引き出すことができますよ^^

スポンサードリンク



(2)安眠におすすめのアロマブレンドレシピ

【ブレンドレシピ例】・・・ディフューザーに入れるアロマブレンド

★心地良い眠りに・・・ラベンダー2滴×オレンジ3滴×ゼラニウム2滴

★心身の疲労を浄化する・・・ラベンダー2滴×フランキンセンス2滴×プチグレン3滴

★女性特有のホルモンバランスを整える・・・ラベンダー2滴×クラリセージ1滴×ゼラニウム2滴×オレンジ3滴

★緊張感で寝付けない時に・・・ラベンダー3滴×カモミール1滴×マジョラム2滴×ネロリ1滴

★心身が疲労困憊の時に・・・ラベンダー2滴×サンダルウッド1滴×オレンジ3滴×ゼラニウム2滴

いろんなブレンドができますよね。同じ香りばかりを毎日焚かずに、3日おきにブレンドレシピを変えるようにしてください。

同じブレンドの香りばかりだと嗅覚が麻痺してしまって、効果が感じれなくなることもあります。(香りの疲労効果といいます)

(3)おすすめの安眠ハーブティー・ブレンドハーブティーもアロマの一種

ハーブティーを飲むと眠気がきやすくなりますよ。ぜひお試ししてみて下さいね。

今回はとてもリラックス効果や安眠効果の高いハーブティーと効能などをご紹介していきます。

ハーブティーとは、どんなものでしょうか?薬効成分のある薬草や植物を乾燥させて作られたお茶です。

安眠効果・リラックス効果・健胃・冷え性、便秘、疲労回復やアレルギーや花粉症等にも、様々な効果が期待でき、手軽に飲む事ができます。

安眠効果を高める必須条件として、入眠する前に副交感神経に切り替わっている状態で寝つきが良くなります。

ハーブティーは副交感神経の働きを良くしてくれる効果があるのです。

そしてハーブティーはノンカフェインであるため寝る前にカフェインレスで飲めるために最適なお茶と言えます。

◆リラックス・安眠効果のあるハーブティー

ハーブティーにもたくさんの種類や、数種類のハーブをブレンドしたものまであります。

個人的には、やはり単体のハーブティーよりも安眠効果を高める成分が複数入ったブレンドハーブティーをおすすめします。

なぜなら、アロマも同じく、単体(シングル)での効果より、複数のアロマやハーブの成分が重なったときに相乗効果が生まれて効果が大きくなるからです。

特に安眠効果の高いハーブ成分は

・カモミール・・・キク科の植物で、その花の部分がハーブティーとして使われています。寝る前にはカモミールと言われるほど特に安眠・リラックス効果が高いです。

・ラベンダー・・・香りの高い紫色の花のラベンダーも、カモミールと同様に精神安定や鎮静作用があり、ストレス・不安・緊張を解き放ってくれ安眠に導いてくれます。

オレンジピール・・・ハーブティーデビューされた方に飲みやすくおすすめされ、抗うつ作用や、鎮静作用に優れ、消化促進や胃腸の調子を整える働きも持っています。
※就寝前はハチミツを入れて少し甘くしてから飲むと、優しい味と香りでとてもリラックスする事ができます。

セージ・・・お茶にするととてもマイルドな味で、気持ちが落ち着かない時、イライラする時、不安で眠れない時、気持ちがふさぎ込んだ時などにお勧めです。

※妊娠中はあまり飲み過ぎないように注意する必要があります。

バレリアン・・・薬効成分が高いバレリアンは脳内の神経伝達物質GABAの働きを促進する効果がありストレス緩和やリラックス効果があります。
GABAの促進によって睡眠へと導くのですが、この効能は一般的な睡眠薬とほぼ同じと言われています。入眠時のきっかけを作るハーブティーとしてとてもおすすめです。

シングルハーブティーは生活の木でたくさんの種類が販売されていますのでおすすめです。

61eIOUKRNBL._AA240_QL65_

◆安眠効果のあるおすすめのアロマハーブティー

SONNENTOR(ゾネントア)という、オーガニックハーブティーで、保存料や人工香料は一切使用せずに、そのままの香り高いハーブを使用しています。

手で丁寧に摘み取り・加工された花や実、葉、根など植物のすべてを素材としているのでお茶やハーブの質はとっても高くて、香りも味も濃く自然な香りがしてきますよ。

camomile

ゾネントアのハーブティーの中でも、リラックスのお茶という商品はとてもよかったです。

有機レモンバーム・有機ラベンダー・有機セージ・有機フェンネル・有機パセリ・有機マリーゴールドが絶妙にブレンドされています。

夜寝る前に温かいハーブティーを飲むことで、一層眠気が来やすく、安眠効果がありました。

son16_01

 

テラクオーレ オーガニックハーブティー「ダマスクローズ」

ローズの香りがほんのり優しく香り、緑茶のようなすっきりとした飲み心地で、何とも言えない幸福感に満たされます。

寝る前に飲むとリラックス効果があり、体を温めてくれるので寝付きやすくなりました。

143074

いろんなハーブティーも販売されていますが、私のおすすめのハーブティーはこの2つのメーカーです。

ハーブティーのクオリティの良さをわかって頂けると思います。

余談ですが、ゾネントアのハチミツローズもおすすめの一品です。

ハーブティーが苦手な方は、ハーブティーに少しハチミツローズを入れて飲むといいですよ^^

本当に安眠効果があったおすすめ精油メーカーのアロマオイルとアロマブレンドオイル♪

(第1位)ヤングリヴィング

ヤングリヴィングのオイルは、一部、食品添加物として認可されているほど純度の高いオイルです。

食品添加物として認められるほどのランクのオイルは世界で1%程しか存在しません。

そのため、ヤングリヴィングのオイルは、

1.飲む(レモンオイルなどお水に垂らして飲んだりできます)

2.塗る(原液をそのまま塗ることができます)

3.噴霧する(噴霧して肺から吸うことによって体に取り込むことができます)

普通、お店などで売られているアロマを見ると、「原液で塗布してはいけません」という記載があり、希釈して使わなければならないものがほとんどです。

化学的な溶液で薄められていたり、「ラベンダー」と書いてあってもラベンダーではなく、同じような香りのする違う種類の精油と混ぜたり。

人工的な香料でそのような香りにしているようなものが多く使われています。

日本では「飲めるアロマ」のメディカルレベルではなく、「雑貨扱い」としてアロマが売られているから基準が非常に曖昧です。
ヤングリヴィングのエッセンシャルオイルは「飲めるアロマ」の世界で1%しかないメディカルグレードのオイルです。

そのために世界最高レベルの畑で作られ、最上級の畑にまかれる種は遺伝子組み換えなどされていないもっとも優れた種を使います。

そしてオイルの成分が一番出る状態を見計らって刈り取り、オイルが蒸発しないよう15分以内に圧力釜に入れ蒸留も24時間監視で、低温・低圧縮で丁寧につくられます。

安眠に効果的・子どものうつにも使える!!

【ピースアンドカーミング】

1406943125

ヤングリヴィングには沢山のブレンド精油がありますが、
リラックス効果が高く安眠のブレンドと言われるひとつです。
タンジェリン・オレンジ・イランイラン・パチュリ・ブルータンジーのブレンド。
寝つけないときに足裏に塗るのがおすすめです。
ピース&カーミングは、安心感をもたらし心を満たしてくれます。
穏やかであたたかな幸福感を感じたい方にも心に明かりを灯してくれるブレンドです。

 

(第2位)MYTHOS

【カモミールローマン】

青りんごのような甘酸っぱい香りがストレスや不安を解消してくれます。
安眠効果の高いアロマとして有名なカモミールローマンは、「植物のお医者さん」と呼ばれており、ヨーロッパでは紀元前2000年頃から薬用として用いられてきました
ローマンカモミールとジャーマンカモミールに分かれますが、ローマンカモミールは甘い蜜りんごのような香りが特徴でリラックス効果に優れています

学名:Anthemis nobilis
栽培方法:有機栽培
原産国:フランス
抽出方法:水蒸気蒸留
効能:鎮静作用、安眠作用、緊張を和らげる、生理痛を和らげる

 

img60901114

フランスでは、精油(エッセンシャルオイル)は医療に使われるため、品質を公の機関が分析します。

MYTHOSが提供しているアロマおいるはそのフランスの厳しい基準をクリアした、医師、自然療法家、薬局が使用する品質のものであり、信頼できるフランスのラボラトリーから直輸入されています。

MYTHOSの精油は、フランスをはじめとする、選び抜かれた世界中の国々の芳香植物から抽出されています。

(第3位)プロナロム

【ラベンダーアングスティフォリア】

一家に1本あれば幅広く対応してくれる優秀なラベンダー精油

ラベンダーアングスティフォリア(真正ラベンダー)は安眠効果が非常にありおすすめのアロマオイルです。

リラックス効果の高い代表的なラベンダーは、安眠のイメージをもつ方もいらっしゃいます。

主な原産地は、フランス、ブルガリア、タスマニアなどです。

yjimage1

わたしのおすすめのアロマオイルはすべて「フランス式アロマ」です。

医療グレードのアロマオイルは、安眠効果を高めてくれるものです。

値段は少々お高いですが、香りを香ったり、マッサージに使うとすれば、やはり確かな品質を使われることをおすすめいたします。

まとめ

いがかでしたでしょうか?

私自身、20代後半で不眠症を味わったとき本当に毎日夜が来ること自体に恐怖を覚えたことを忘れられません。

アロマに興味を持ちだしたのは、私自ら患った「うつ病」「不眠症」と向き合うためでした。

最初に出会ったのは、私の卒業したアロマスクールが扱っていたMYTHOSというメーカーのアロマオイルでした。

初めて、アロマという世界を知り、化粧品認可と食品添加物扱いのアロマオイル(精油)があることを知ったのです。

当時10数年前の日本はまだまだアロマっていうものが、まったく無知のものであり世の中に浸透しておらず、知られていない世界でした。

そんな中、わたしは幸いにして、アロマというものに出会って、そしてハーブのことも勉強してゆきますと、効果がすごくて本当に心から癒されてゆきました。

そして持病もどんどん改善されてゆきました。当時、病院にも通院していましたが、どんどん悪化していく一方で、アロマテラピーを生活に取り入れるように

なってから、どんどん好転してゆき、医師もびっくりするほどの回復力でした。

アロマは自分が自分と向き合うことを教えてくれた魔法のツールです。

私は自分の心と体の声を聞いてあげることが本当に自分しかできないことであり、癒し、労わることは自分にしかできないことに気づけました。

それからも脳内がどんどんクリアになり、気持ちにも整理がついてゆき、心身がとても軽く軽くなってゆく体験をたくさんしてきました。

そんな潜在意識までも変えてくれたアロマに感謝の気持ちでいっぱいです。

不眠症にぜひ、アロマはおすすめなのでお試し下さい。あなたが質の良い睡眠(安眠)ができることを心から願っています。

最後までお読み頂きありがとうございます。

スポンサードリンク



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookページ