福岡・全国☆夫の浮気解決♪与える愛を学んで夫婦愛蘇らせる浮気解決アロマ♪

menu

アロマスクール ミルフルール

不眠改善の効果大♪安眠効果のあるくるみを食べよう♪

advent-21933__180

今日は安眠によいと言われているくるみについて書いて見たいと思います。

寝る前にくるみを食べると安眠効果があるようです。

くるみには、精神的にリラックスしたり、鎮静効果があるらしいのです。

どうして、くるみが精神を落ち着けて安眠効果があるのかをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク



福岡・大阪アロマスクールミルフルール勝田です。

くるみには、トリプトファンと言われる睡眠ホルモンの材料になる成分がたくさん含有されているらしく。

そのため、寝る前に食べることで安眠効果があるらしいです。

くるみの何が安眠効果を高めてくれるのか?調べてみましたのでご紹介しますね。

くるみには安眠効果がある?

くるみに、不眠改善効果があるなんて知りませんでした!!

ナッツ類は体に良いと言われていることは知っていましたが・・・

walnut-101462__180

(1)不眠にはくるみが良いわけ

くるみには、寝つきをよくする効果があるのだそうです。
なぜなら、くるみにはメラトニンの材料になるトリプトファンが多く含まれているからです。

このくるみに含まれるトリプトファンは、体内でセロトニンに変えられ、更にメラトニンという睡眠ホルモンに換えられます。

メラトニンには、睡眠薬と同じような働きをするものです。
メラトニンの分泌は高齢になるほど少なくなり、そのメラトニン分泌の減少こそが不眠の原因になるのです。

ということは食べ物から摂取することや、生活習慣そのものを改善していかない限り、不眠を改善することが難しくなります。
そこでメラトニンの材料となるトリプトファンを多く含む食品を積極的に摂取する必要があります。

「くるみ」には、睡眠導入作用があるので、メラトニンを分泌促進することで、様々な不眠症に効果があるのだそうです。

くるみには、精神を安定するビタミンB1・αリノレン酸も含まれていることから、ストレス性による不眠にも大きく効果を示すとされています。

スポンサードリンク



(2)くるみの効果効能とは

くるみには、体内時計を調整して、睡眠の質を改善してくれる働きがあります。

先ほども書いた通り、くるみにはメラトニンという「睡眠ホルモン」が含まれています。

暗くなる時間帯がくると、メラトニンが分泌され、自然と眠気がくるという仕組みになっています。

しかも、そのメラトニン分泌濃度が2~3倍に増加して眠気を起こすのだそうです。

夕食後でも、5粒~6粒ほどでいいので、くるみを食べることで、自然と入眠準備ができるようになるのです。

そのメラトニンの分泌量によって、目が冴えたり、眠くなったりするのです。

メラトニンが多く分泌されると眠気がきて、減少することで体が起きる(元気になる)のです。

ちょっと寝つきが悪いときは、脳も疲れ気味なので、くるみを1日60gほど摂取することをお勧めします。

くるみには、食物繊維がとても豊富に含まれているので、女性に多い便秘症の改善にも大きく効果があるようです。
またくるみは本当に栄養価が高くて、たくさんのナッツ類の中でも、オメガ3脂肪酸が豊富に含まれているので生活習慣病にも期待されています。

生活習慣病とは、心臓病。高血圧、ドロドロ血、動脈硬化など。また認知症を予防する効果もあります。

くるみの様々な効果をまとめますね!!

・老化防止・美肌効果

・免疫力を高める

・トリプトファンを多く含有しているくるみはセロトニン(幸福ホルモン)を分泌させる

・リラックス効果

・メタボリック症候群予防

・生活習慣病予防

・脳の疲労改善効果

などたくさんのすごい効果があるんですよ~恐るべし「くるみ」の効果!!

くるみの安眠効果とその他の効果

health-712980__180

くるみには、たくさんの効果があることをご紹介しましたが、効果をより詳細にご紹介します。

あなたはナッツ類を意識的に摂取していますか?

おやつに食べたりしてもいいですし、くるみパンや、くるみケーキでもいいのです。

くるみはカロリーが高いということで、食べたら太るのでは?とイメージがあるようですが…

確かにくるみはカロリーが高い食品です。

ですが、くるみは不飽和脂肪酸という、体には良い脂肪なので心配ありません。

もちろん食べ過ぎには注意しなければいけませんが、できれば毎日少しは摂りたい食品です。

他にもたくさんの栄養素が含まれていますよ。

ビタミン類(A・B1・B2・E)

カルシウム・鉄分・リン・亜鉛なども多く含まれています。

そんな高栄養価の食品である「くるみ」の効果をご紹介しますね。

(1)安眠効果

先ほども書きましたが、「くるみ」には安眠効果があることが有名です。
くるみを摂取することで睡眠ホルモンの「メラトニン」が増加して寝つきがよくなり、安眠できる効果があります。
特に、ストレスや老化によって不眠気味の場合、夕食後や寝る前に5~6粒ほど食べてみるといいでしょう。

(2)美肌効果

くるみには、ビタミン類がたくさん含まれています。

その中でも美肌に良いのはビタミンEで、肌の皮脂バランスを整えてくれます。

シワにもビタミンEがとても効果があり、アンチエイジング効果も大きいです。

血行促進効果もあり、また紫外線からお肌をプロテクトする効果もあるのです。

またお肌の弾力を左右するコラーゲンにも働きかけるので、アンチエイジング効果が大です。

またαリノレン酸が女性ホルモンバランスを調整してくれることで美肌を保てる効果があります。

(3)肥満改善効果

くるみに含まれるたんぱく質やリノール酸は「植物性」のため、コレステロールを下げる効果があります。
またリノール酸が、代謝を上げてくれ肥満防止や、糖尿病予防にも効果があるようです。

(4)動脈硬化などの生活習慣病予防

くるみには、心臓病や、動脈硬化予防効果があります。
ドロドロ血(どろどろ血液)が原因で、血管壁がつまり、ボロボロになり血管が硬くなったりします。

ドロドロ血をサラサラにする働きをするのは、「くるみ」に含まれる不飽和脂肪酸であるαリノレン酸です。

不飽和脂肪酸が血管壁を修復して弾力性を増してくれる効果があるので、高血圧・動脈硬化の予防、進行を防止してくれる優れものです。

(5)便秘改善効果

くるみには、食物繊維が豊富に含まれていることから、便秘改善効果があります。
その食物繊維こそが、便を柔らかくして腸内や体内の老廃物を排泄してくれる効果があります。

また「くるみ」にはストレス解消効果もあるんです。

くるみには、たくさんの栄養素が豊富に含まれているため、ストレスを感じさせるホルモンも低下させる効果があります。
それは「くるみ」に多く含まれる「トリプトファン」というセロトニンの材料になる物質がたくさん含まれているからです。

セロトニンが増加することで「幸せホルモン」が作用してストレス緩和されるということです。

そして、近年問題視されている「認知症予防」にも効果があるようです。

くるみに含まれるα-リノレン酸→DHAやEPAに換えられることで、DHAなどが脳の栄養素となり認知症やうつ症状を予防する効果があります。

安眠効果のあるくるみの効果的な食べ方

walnuts-791594__180

(1)くるみを食べる適量について

くるみはストレス解消効果もあるので夜間の安眠効果もありますよ。

できれば毎日25~30gほどの「くるみ」を食べたいものです。(5~6粒でOK)

いくら「くるみ」に安眠効果があるとしても、適量を守り食べ過ぎには注意しましょうね。

(2)毎日食べること

たくさん食べるが良いわけではありません。一日の適量を守り毎日継続して食べることに効果を表します。

(3)加熱せずによく噛んで食べる

くるみの栄養素の吸収力を高めるために、よく噛んで食べましょう。細かく刻んで食べることも良いでしょう。

サラダなどに混ぜて食べたりすると美味しいですよ!!

バナナとくるみをヨーグルトに混ぜて食べるのも美味です。

(4)くるみの選び方・注意点

walnut-101462__180walnuts-1049558__180

「くるみ」を選ぶときは、無添加のくるみを選びましょうね。

塩分が含まれる場合、生活習慣病によくありませんので逆効果になります。

塩分・油分の含まれた味付きの加工された「くるみ」は選ばないようにしましょう。

「無添加のくるみ」が一番です。

そして「殻付き」「殻なし」がありますが、私は「殻なし」をおすすめします。

「殻付きのくるみ」は、鮮度が良い状態なので酸化している心配もありません。

本来は殻付きがいいのでしょうが、あの「くるみ」の硬い殻を砕く手間がかかり大変なので、毎日摂取するのも面倒になる場合も考えられますね。

毎日「継続」して食べるためには、「殻なしのくるみ」が良いと思います。酸化しないようにきちんと保存してくださいね。

 

まとめ

安眠効果のある「くるみ」について書いてみましたがいかがでしたか?

「くるみ」に様々な効能効果があるなんて、知らなかった方も多いのではないでしょうか?

「くるみ」のことを調べているうちに、食べたくなってくきました。

それだけ健康に良い食品っていうことがわかりましたね。

「くるみ」は、食べ過ぎると太るイメージがあったので意外でした。

だってカロリーが高いイメージでしかなかったので、まさか肥満防止だとか生活習慣病にも効果があるなんて。

恐るべし「くるみ」効果です。

ただし、やはりどんな食品でもそうですが、食べ過ぎは逆効果になりますので、摂取量には注意しましょうね。

一日5~6粒くらいを目安に毎日続けることが大切です。

そんなに安い食品でもないので少しずつ無理なく、必須食品として取り入れてみて下さいね。

「くるみ」で健康体質を作っていけたらいいですね!!

スポンサードリンク



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookページ

カテゴリー