福岡・全国☆夫の浮気解決♪与える愛を学んで夫婦愛蘇らせる浮気解決アロマ♪

menu

アロマスクール ミルフルール

不眠症解消!!安眠の効能があるエッセンシャルオイルガイド

最近、ストレス過多でぐっすり眠れなくて、体調もスッキリしないと悩んでいる方におすすめ!!

寝る前に神経を鎮静する効能のあるラベンダー・オレンジ・マジョラム・シダーウッドなどを寝室に香らせて、安眠できる環境を整えると効果的です。

安眠・不眠におススメのアロマエッセンシャルオイルの効能をご紹介させていただきます。

68ace2_6d4b81c8ecd2420583c413c74bba9007.jpg_srz_p_350_414_75_22_0.50_1.20_0

こんにちは!福岡・大阪アロマスクール ミルフルール勝田美子です。

最近、会社や人間関係でのストレス、忙しい毎日だから運動不足になったり、不規則な生活習慣などが原因で、不眠症になる人が増加しています。

睡眠とは、私たちにとって、明日に準備する心身の疲れを癒し、体調を整えるためにとても重要な時間です。

突然ですが、あなたは毎晩「安眠」できていらっしゃいますでしょうか?

ぐっすり眠れているとき、朝すっきり目覚めて体も軽く、心も前向きですよね。

最近、以下のような方が増えているようですよ。

◆眠りがとても浅く、呼吸も浅く口呼吸している

◆眠りに満足できない
◆夜中に数回起きてしまって眠れなくなる
◆心身はとても疲れているのに、ぐっすり眠れない。

どうですか?当てはまるものがありませんか?

そこで今日は、不眠症解消をサポートしてくれる安眠の効能を持つおすすめのアロマエッセンシャルオイルをひとつずつご紹介してゆきます。

a0002_004044

安眠をサポートしてくれるエッセンシャルオイルと効能

就寝前の鎮静効果の高いアロマエッセンシャルオイルは睡眠の質の改善にもとても有効なのですよ。

眠りに満足できていない、浅い眠りで体調もすっきりしないっていう方におすすめなアロマテラピー。

安眠効果のあるアロマエッセンシャルオイル1つの対策・手段として試してみるのも試してみることをおすすめします。

寝る2~3時間前に、緊張した心身の癒し、リラックスをするということが、睡眠の質を高めて安眠できる重要な要素となることです。

そのためにアロマエッセンシャルオイルは、あなたにとって頼もしい味方となってくれるはずです。

(1)どうしてエッセンシャルオイルの香りが安眠・リラックスをさせるのでしょうか?

実は、アロマエッセンシャルオイルの効能には、安眠効果があることは有名なのですね。

どうして、アロマエッセンシャルオイル(精油)の香りが人の精神・神経安定に対して効能があるのでしょうか?

まず、エッセンシャルオイルの香りは、鼻の嗅覚を通じて大脳にダイレクトに伝わります。
そして、香りの芳香分子は脳に必要な情報を伝えることで、心身に対して効能を発揮することになります。

いい香りはとても幸福感を増してくれる効能があるのです。そんなご経験ありませんか?

例えば、金木犀の香り。金木犀の咲く時期になると、ふわ~っと辺りを漂うフローラルな香りで癒されませんか?

逆に悪臭の匂いは、鼻が拒否反応を起こし、吐き気をもようしたり、体調に良くない影響を与えますよね。

このように香りの影響はとても脳に記憶されやすいものであるのですね。

そこでアロマエッセンシャルオイルを上手に使うことで、気分を持ち上げてくれたり、またリラックスさせ癒してくれたり。

アロマエッセンシャルオイルには、他にもリフレッシュ効果や、デトックス効果などたくさんの効能があります。

寝る前に、アロマエッセンシャルオイルの香りのパワーで、心身をリラックスさせて睡眠の質を高める(安眠する)ことができるのです。

では、心身や神経をリラックスさせて睡眠の質を高める、安眠効果のあるに良い香りにはどんなものがあるのでしょうか?ご紹介いたします。

(2)就寝時に良いアロマエッセンシャルオイルのご紹介

まず、知名度が高くてもっともポピュラーなアロマエッセンシャルオイルの効能を3種類ほど紹介いたします。

yjimage1LZ2W2VY

ラベンダー・・・初心者~上級者まで 

香りの系統:フローラル系

安眠効果があることで知られるラベンダーの特徴

●他のエッセンシャルオイルの香りと調和しやすい

●アロマテラピーでよく使われる代表的なエッセンシャルオイル

●ラベンダーの種類によって効能が違う、スパイクラベンダー・ラバンジン・フレンチラベンダー・真正ラベンダーある

それでは、ラベンダーの心身とお肌への効能を見ていきましょう。

安眠のための心への効果

●精神的なストレスを落ち着かせてくれ、心をリラックスさせる作用があります。

●いらいらして眠れないときや考えがまとまらない時、穏やかでゆったりした気分になれます。

●自律神経を整えて、ストレスが体の症状になって現れた時に、緊張感などを緩和してくれます。

体への効果
●鎮痛に対しての効能:頭痛や筋肉痛、胃痛、PMS、月経痛などの優れた鎮痛作用

●抗感染免疫力アップ

●高血圧・神経の鎮静・不眠・動悸を緩和

お肌への効果

古代ローマでは、傷の手当にラベンダーを浴槽に入れて沐浴していたそうです。

●火傷・日焼け・ニキビなどの炎症

●切り傷の回復、スキンケア、ヘアケア

●抗真菌作用・カンジダ・水虫など

 

ラベンダーの主な芳香成分

モノテルペンアルコール類:リナロール(30~40%)・テルピネン-4-オール(5%)

エステル類:酢酸リナリル(35~40%)

モノテルペン炭化水素類:β-オシメン(10%)

主要成分はリナロールと酢酸リナリルで、作用としては、鎮静、鎮痛、抗炎症作用があります。

ラベンダーの使用注意事項

特に、妊娠初期は堕胎作用があるので使用は避けてください。

360205

オレンジ・・・初心者~上級者まで 

香りの系統:甘くてスウィートなフレッシュ果実の柑橘の香り

安眠効果があるオレンジの特徴

●年齢に関係なく、最も人気が高い柑橘のエッセンシャルオイル

●初心者の方にも使いやすいエッセンシャルオイルの代表格

●オレンジにはスィート・ビターの2種類あります。

●スィートは甘くみずみずしい香りで、ビターは香りが濃くて苦味があります。

それでは、オレンジ・スイートの心身とお肌への効能を見ていきましょう。

安眠のための心への効果効能

●うつ状態、落ち込んだ気分を修復して気分を明るくしてくれる

●高ぶった、緊張した神経を穏やかに鎮めてぐっすり眠れる

●リフレッシュ・リラックスの両面に効能効果がある

●作用が穏やかなため、小さなお子様にも使える

 

体への効果効能

●胃腸を整える・お腹を温めてくれる

●下痢・便秘

●食欲増進効果・食欲不振時に良い

お肌への効果効能

●発汗作用・血行促進・老廃排泄セルライトの解消

●整肌効果・ニキビなどの炎症を抑える

●毛根を刺激してコラーゲン形成を助ける

主な芳香成分

モノテルペン炭化水素類:リモネン(95~96%)

アルデヒド類:シトラール(微量)

成分はご覧の通り、リモネンが90%以上を占めているので、鎮静や血行促進作用があります。

また体への効果効能では、胃腸の働きを促進させる作用や、抗菌、抗ウイルス、抗がん作用なども有名で知られているのです。

オレンジの使用注意事項

オレンジは、柑橘系の中でも光毒性にはマイルドと言われています。

ヤングリヴィングのオレンジは光毒性は心配ないと言われているほどオーガニックで最高品質でおすすめです。

光過敏や光毒性がある方は、念のため皮膚につけた後2時間は紫外線にお肌をさらさないように注意しましょう。

柑橘系は皮膚に刺激があるため、敏感肌の方は高濃度で使用することはやめましょう。

355405

ゼラニウム・・・初級~上級者

香りの系統:ローズに似たフローラルな香り

安眠効果があるゼラニウムの特徴

●虫よけ効果があるので、家の周りにハーブを植えておくといい

●ゲラニオールが含まれるためローズに似た香りがすることから「ローズゼラニウム」とも言われています

●あらゆるバランス(皮脂・精神・女性ホルモン)を整える女王様的な存在のエッセンシャルオイル

それでは、ゼラニウムの心身とお肌への効能を見ていきましょう。

ゼラニウムの心への効果効能

●自律神経のバランス調整

●ホルモンバランスを整え、情緒不安定の時、イライラ感、怒りなどのストレスを緩和させてくれる

●不安・心配・ストレスにとても穏やかに作用し、疲労した神経や情緒を整えてくれます。

体への効果効能

●利尿作用があり、老廃物排泄効果がある

●むくみや滞留を流し、肥満や血行促進効果がある

●ホルモンバランスを整えてくれるため生理前のイライラ感、その他PMS(生理痛・不順)にも効果がある

 

お肌への効果効能

●お肌の皮脂バランスを整え、お肌の水分や油分のバランスを整えて潤いを与えます。

●細胞のターンオーバーを整え(細胞促進効果)、シミ、しわ、たるみの予防・アンチエイジング効果

●抗炎症作用・乾癬などのお肌の不調を整えます

●抗菌作用、抗真菌作用、抗ウイルス作用・虫刺され予防

主な芳香成分

モノテルペンアルコール類:シトロネロール(20~40%)ゲラニオール(10~20%)リナロール(5~15%)

エステル類:蟻酸シトロネリル(5~10%)

ケトン類:イソメントン(~10%)

※主な成分はモノテルペンアルコール類からできているエッセンシャルオイルです。

シトロネロールやゲラニオール、リナロールなどローズと一緒の成分が含まれているエッセンシャルオイルなので、ローズと似た作用を持っています。

ゼラニウムの使用注意事項

妊娠中は使用を避けましょう。

アトピーの方や敏感肌の方は、まれに肌に刺激があるので極少量から使用しパッチテストをしてから使ってみましょう。

ヤングリヴィングのような、高品質でメディカルランクのエッセンシャルオイルを使用することをおすすめします。

誰でも簡単に安眠の効能があるエッセンシャルオイルの活用を実践してみる

アロマを使って、寝室の環境をリラックスできるように整えてみましょう。

あなたの寝室の方角によって、アロマエッセンシャルオイルを使ってみるのも良いのではないでしょうか。

例えば、北側にある寝室の場合は、必ずラベンダーをベースとして、その他お好きなオイルをブレンドしてみるのもいいですよ。

初心者の方でもわかりやすくするために、まずは方角に対して一種類のエッセンシャルオイルとその効能をご紹介いたします。

yjimage3

(1)寝室の方角によって安眠・リラックス効果のあるアロマエッセンシャルオイルを選んでみましょう

★北の寝室にはラベンダー

万能精油で有名。鎮静作用でストレスで緊張した心と身体をリラックスさせ心のバランスを整えます。その他のエッセンシャルオイルとブレンドしやすいです。

★北東の寝室にはサンダルウッド

精神鎮静効果があるエッセンシャルオイルで古代より寺院で瞑想する時に使用され雑念を払い、高ぶった神経をリラックスさせ安眠へ誘ってくれます。

★東の寝室にはカモミール

フルーティーなリンゴの甘い香りがし、鎮静・鎮痛効果があり、感情的になったり、イライラ感、神経がが高ぶって眠れない時など穏やかな気持ちへと導いてくれます。

★南東の寝室にはジャスミン

香りは華やかで幸福感を与えてくれるお花の香り。心配や不安を和らげ落ち込みを回復させる精神的作用が最も高いのでおすすめです。

★南の寝室にはイランイラン

オリエンタル調でエキゾチックな香り。 落ち込んだ気分を高揚させる反面、高ぶった神経をリラックスさせてくれるので少量ブレンドするのがおすすめです。

★南西の寝室にはオレンジ

オレンジの果皮から抽出されるエッセンシャルオイルは、フレッシュで甘酸っぱい香りです。

うつ状態や気分の落ち込みから心を温め元気にさせてくれる反面、高ぶった神経の緊張をほぐしリラックスの効能もあるストレスによる不眠に万能エッセンシャルオイルです。

★北西の寝室にはフランキンセンス

スパイシーですっきりとした香りで、古くから寺院で薫香としても使われてきました。深く濃い樹脂の香りは深呼吸に導き、雑念を払って心の静けさを取り戻すエッセンシャルオイルです。

安眠できる寝室環境を整えるコツ・ポイント

「香り」でアプローチするアロマ風水は、合成香料の混ざっていない植物から抽出された「アロマオイル」を使用するのがポイントです。ディフューザーやアロマライトなどオイルの使い方は様々。アロマを上手に利用して内部環境を整え風水の力をよりアップさせましょう。

(2)アロマエッセンシャルオイルとカラーセラピー効果で安眠効果アップさせてみましょう

yjimageFJVCR33Tyjimage6R6VN1LZ

寝室に鎮静効果がありリラックスできるアロマエッセンシャルオイルを香らせることはお伝えしました。

つぎに寝室に安眠効果のあるカラーセラピーの色による効能効果とアロマエッセンシャルオイルとの相乗効果で、より安眠効果を高めてみましょう。

なんと寝室の色によって睡眠の質が大きく左右されることが研究で分かったそうです。

例えば、青・緑・黄色といった色の寝室を使う人は睡眠時間が長く、紫・グレー・茶色を使った寝室だと睡眠時間が短くなる傾向があるというデータがあるようです。

●睡眠時間が長くなるのは、青・黄・緑色の寝室

・ベッドカバーやラグ、カーテン・小物などに用いると良いでしょう

●睡眠時間が短くなり避けるべき色は紫・グレー・茶色の寝室

・紫は特に無意識に思考を刺激し、考えすぎるように導いてしまうためリラックスが難しく、夢を見るという睡眠が浅くなりがちのため疲れが取れない傾向があります

●その他、グレーやシルバーの寝室の人は、真夜中のテレビショッピングやネットショッピングに費やす時間が最も長くなるという結果も出ているのだそうです。

それはグレーやシルバーの色が心に淋しさを与えてしまうような印象がありますね。

このように、お部屋の色が人の気分に与える影響はとても大きく想像以上に大きいようです。

特に寝室の色は、睡眠の質を左右するので、安眠効果を高めたい方は、安眠カラーの効果効能を元に寝室を一度見直してみてくださいね。

 

 

安眠の効能を持っているアロマエッセンシャルオイルガイド(一覧)

IMG_2731 2-2

(1)柑橘系

 

●ベルガモット

・鎮静作用と高揚作用の両方をあわせ情緒不安定(怒り・ストレスによる高ぶった感情)な時に気分を落ち着かせてくれます。

・不安や憂うつなどの落ち込んできるときに元気を与えてくれ、不眠をサポートしてくれる効能があります。

●マンダリン

・交感神経を鎮静する作用があり、疲れた心身を明るく元気にしてくれる効果が期待できます。

・リラックス効果が高く、不安やイライラで眠れないときなどにブレンドすることがおすすめです。

●ゆず

・イライラや怒りなどのマイナスの感情を落ち着かせ、すっきりした香りが穏やかな気分にさせてくれます。

・落ち込んだ気持ちを明るく前向きにしてくれ、気分転換したいときにもおすすめです。

・就寝前のバスタイムで「ゆず風呂」として使用しリラックスすることもできます。

 

(2)ハーブ系

 

●クラリセージ

・鎮静作用と精神を高掦する作用の両方を持ち合わせているエッセンシャルオイルです。

・不安やストレスで落ち込んでいる時に安心感を与えてくれます。

・高ぶった緊張やプレッシャーでパニックに陥ったとき、精神的混乱におちいったときに、心を穏やかにし幸福感をもたらしてくれます

●セージ

・高ぶった神経を落ち着かせる鎮静効果があり、ストレスや怒り・イライラを感じているときにおすすめです。

・あらゆる心身のマイナスエネルギーを浄化してリセットしてくれます。

●マジョラム

・副交感神経を優位に働きかけ、自律神経を調整する効果があります。

・悲しみや孤独感、不安、心配などのマイナスの感情を穏やかに解消してくれます。

(3)フローラル系

●ジャスミン

・脳内麻薬と呼ばれるエンファリンや、快感ホルモンと呼ばれるドーパミンの分泌を活性化させる作用があります。

・自信がないとき、自分の軸を取り戻し、やる気をアップさせてくれたり幸福感をもたらす効果があります。

・リラックス効果も高く、不安、心配、悲しみ、無気力などの心のブロックを温め溶かしてくれます。

●ローズ

・落ち込んだり、心が傷ついたとき、疲れた心を癒す鎮静効果の働きがあります。

・落ち込んだ時に、心を華やかさを与えてくれ気分を高揚するという効能もあり心を元気にしてくれます。

●ローマンカモミール

・中枢神経を鎮静する作用が強いので、外界からの刺激をリセット遮断するため感覚を麻痺させてくれ大きなショックや悲しみを緩和してくれます。

 

(4)ウッド・樹脂系

●ローズウッド

・リナロールという成分が含むため、心を活性化する効能と鎮静する効能を持ち合わせています。

・落ち込んだ時や心身の疲労時に、心を癒しパワーをチャージしてくれるのでリフレッシュやリラックス効果の両面に作用があります。

 

●サンダルウッド

・鎮静作用があるため、心を落ち着かせてくれるので緊張や興奮時などに、自分と向き合って見つめなおす時におすすめです。

 

●フランキンセンス

・心と呼吸を落ち着かせる作用があり、不安や緊張、恐怖、パニックなどを穏やかにして平和な気持ちを取り戻すサポートをしてくれます。

・神経を落ち着かせる効能の反面、気分を高めてくれる作用もあり、心を元気にさせてくれるエッセンシャルオイルです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

アロマエッセンシャルオイルの香りは、心身に大きな影響を与えてくれる優れものとおわかり頂けましたでしょうか?

アロマエッセンシャルオイルには、安眠を高める効能効果があるので、不眠症でストレスで緊張している神経の高ぶりを落ち着かせ、緊張を和らげてくれる自然界からの素晴らしいギフトです。

特に睡眠の悩みの改善に大きな効果が期待でき、リラックスや安眠に効能効果があるおすすめのアロマエッセンシャルオイルは上記でご紹介させて頂きました。

寝る前になっても、なかなか睡眠に入れない、寝付けない、夜中目が覚めるなどの場合には、ぜひ一度試してみてくださいね。

アロマエッセンシャルオイルは、あらゆる感情の整理をしてくれるので、リラックスさせてくれる頼もしく素晴らしいサポーターとなるでしょう。

日ごろのお守りアロマとしてぜひ活用して頂けると幸いです。

yjimageCFZVO2IL

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookページ